ホワイトバランスとは?

 

 

一眼レフカメラの楽しみを覚え、

とりあえず色々撮ってみることが多くなってきました!

ただ、今はまだボケりゃかっこいいと思ってます…

それでは今日の勉強したホワイトバランスについてのまとめです!

ざっくりと理解できるように進めていきます。

 

スポンサーリンク


《ホワイトバランスとは?》

 

【勉強ノート】

撮った写真の色がおかしいと思った時、
自分が見た感じの自然な色にするために使う機能がホワイトバランス機能

ホワイトバランス白いモノを白く写るように色の調整をしてくれる機能

 

ちなみに、ホワイトバランス機能は、
インテリジェントオートモードでは選択できませんでした。
(私はEOS Kiss x5 使用してます)

絞り優先モードや(Vのマークのやつ)
シャッタースピード優先モード(Tのマークのやつ)だと、
選択することができました。

 

このように解りやすい様にマークで表示されていました。
これなら見ただけで、すぐ分かります!

 

 

  オート   :基本的にはこのオートでOK
 太陽光(晴天):晴れた日の屋外での撮影時
 くもり(曇天):曇った日の屋外での撮影時
   蛍光灯  :蛍光灯の明かりの中での撮影時
  白熱電球  :白熱電球の明かりの中での撮影の時

=====================================================

メモ:
 ・温かみのある写真を撮りたい時は「太陽光」
 ・夕焼けをより赤く撮りたい時などは「くもり」や「日陰」
 
 
 

《ホワイトバランスの効果》

 
引用:
人間の目は、屋外の太陽の下でも、室内の白熱灯の下でも、
白いものは白く、赤いものは赤く、青いものは青く見えます。
当り前のことのようですが、
これは、人間の目には光源による発色の差を補正してくれる機能があるためにそう感じられるのです。
実際には、光源が異なれば、それを反射して得られる色も異なります。
例えば、フィルムカメラ用の一般的なフィルムは、
屋外の太陽の下で最適な発色が得られるようにできています。
ストロボを使用せずに白熱灯や蛍光灯の下で撮影すると、
違和感のある発色になるのはこのためです。
この機能を利用すると、人間の目と同じように、光源による発色の差を補正し、白いものを白く写すことができます
また、この機能のうち、
常にその時の光源の状態に合わせて補正を自動的に行ってくれるものを
オートホワイトバランス (AWB) といいます。
通常は <AWB> を設定することで適切なホワイトバランスが得られます。
 
 
  スポンサーリンク
 
ホワイトバランスについて更に詳しく勉強したいときはこちらもどうぞ。
 

 
 
 
 

《ホワイトバランスについて解りやすく勉強できたサイトのリンク》

カメラノート:ホワイトバランスとは

カメラの学校(YouTube):ホワイトバランスの使い方!

カメラの学校(YouTube):↑の動画の解説

Canon Q & A

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です