戦場カメラマン 渡部陽一 『覚悟の瞬間』

 

渡部陽一さんについて

 

 

本名:渡部 陽一(わたなべ よういち)

生年月日:1972年9月1日

出身地:静岡県富士市

出身校:明治学院大学法学部

職業:戦場カメラマン、フォトジャーナリスト

 

 

出典:www.yoichi-watanabe.com

 

どの戦場でも共通していたことは

「戦争の犠牲者はいつも子どもたち」と語るのは、日本人の戦場カメラマンの渡部陽一さん。

過去には、平均して1年の半分は海外に滞在して仕事をしており、

ルワンダ紛争、コソボ紛争、チェチェン紛争、ソマリア内戦、イラク戦争など、

130の国と地域の紛争地域を取材しているようです。

 

戦場カメラマンの道へ進んだきっかけ

 

中学生の時にテレビCM(アサヒスーパードライ)の中で

国際ジャーナリスト落合信彦さんが空港内を汗だくで走り回っているシーンを目にしました。

クレジットには

「国際ジャーナリスト」と記してあり、なぜかその職業が記憶に残りました。

その後大学生となり、アフリカに旅した折に、ルワンダ内戦で地元住民が虐殺されている事実を知りました。

その理不尽な状況を、

もともと好きだった写真を使って伝える職業を選びたいと思いました。それが戦場カメラマンというものでした。

 

戦場での撮影に伴う危機管理について

 

自身の仕事へのスタンスとしても「戦場報道とは生きて帰ること」と仰られています。

カメラマンではなくとも、

多くのジャーナリストや、カメラマンの方が、

戦場に向かい命を落としたケースもテレビの報道などで聞くと思います。

そうしたなか

渡部さんの危機管理としてあげられている項目が8つありました。

ボディーガードを大金で雇うといってもいくらくらい掛かるんでしょうかね…

 

・危機管理の項目8つ

 

1 最前線行く時は世界最強の軍隊の自走砲部隊と行動する

2 ゲリラが蔓延る地域には近づかない

3 戦場が流動的なところには行かない

4 国外の難民キャンプとかを中心に取材する

5 護衛がいても危ない所には近づかない

6 国境地域から一歩も紛争国の中には基本的に入らない

7 捕まるやつはその時点でジャーナリスト失格

8 ボディガードはその地域最強の奴を大金で雇う

 

・覚悟の瞬間

渡部さんにも命の危険を感じた瞬間があると、取材の中で仰られていました。

アフリカ、コンゴ民主共和国を取材した時に

少年兵士に襲われた時が覚悟の瞬間だったと思います。

殺される恐怖に自分を見失いました。

戦場カメラマンとなる最も大きなきっかけであり、死の恐怖に初めて襲われた瞬間でもありました。

そのほか、

取材中にイラクで4人の武装勢力に拉致されかけたことや

イラクで日本人大使館員襲撃事件取材で武装勢力の民兵に殺されかけたことが忘れられません。

と語ってくれています。

スポンサーリンク

今後の目標

今後の目標について聞かれると、

戦場カメラマンとして現場に立ち続けていたいと思います。

世界中で知り合った友人たちを訪ねたいです。

次世代のために戦場取材のフィールドノート、ノウハウを伝えていきたいです。

また、かつて訪れた取材先へ再び訪れてみたいです。

と締めくくって取材を終えています。

 

渡部さんの使用しているカメラについて

 

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS-1D

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 1D Mark IV

スポンサーリンク

 

渡部さんは、当初はCanon デジタル一眼レフカメラ EOS-1Dを、

その後からは、Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 1D Mark IVといったカメラを現地では使い、

写真を撮っていらっしゃるようです。

実際に戦場で使用しているカメラは、

光って銃に間違われないように、テープでぐるぐる巻きにしているようですね。

 

渡部さんの作品について

 

       

出典:www.yoichi-watanabe.com

 

www.yoichi-watanabe.com

 

渡部さんのオフィシャルホームページで

様々な現地で撮影された写真を見ることができます。

また、取材履歴の年月やその多さに目をやるとただただ驚くばかりです。

 

私は日本人として生まれ、日本に住んでいますが

毎日当たり前に暮らせていることや、この環境について

改めて感謝する気持ちになりました。

人のために何か大きなことをする様なことはできる人間ではありませんが、

せめて、

感謝の気持ちを忘れずに、しっかり生きていかなければ…と改めて感じることができました。

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です