どこから浮気!?彼女に嫉妬されるカメラマンの対処法とは?

 

カメラマン側にしろモデルさん側にしろ

夜からちょっと撮影するから出かけてくる!!

となると、もしパートナーがいる場合には

 

はぁ!??

 

ちょっ待てよっ!!

 

 

と浮気を疑われることもあるんかもしれん。

 

 

ボクの場合は夜撮る写真が多いけど

そういう人間関係のトラブルってないん?て聞かれたので

 

そもそもどこからが浮気になるのか??

トラブルにならん様に気をつけてることって何よ?

 

と、逆に別のカメラマンの方々にも聞いてみた。

今回はそんなお酒の席で話すような内容を書いてみるで!

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

 

 

どこからが浮気なの!?統計データで確認すると!?

 

捉え方感じ方は人それぞれやけど

 

それは浮気や!!許せん!!

 

と、どこからそうなるのか調べてみたんよ。

アンケートをとったグラフなんかもあったのでちょっと一緒に見てみようや!!

 

 

女友達とふたりでカフェに行くのは許せるか?

出展:https://cancam.jp

 

もうこの時点で「イヤ派」が半分以上おるやん!!

賛否両論やったけどこんな意見があるみたい。

ちなみに自分が男友達と行く分には

浮気じゃないと思っとるという女性が8割おるんやと!!

 

肯定派
男友達とカフェでお茶くらいするしそこまで束縛されたくないから。
彼にしかできない相談事などがあるかもしれないから。

反対派
ふたりきりで会うのがまずイヤ。
その先その人とどうなるかわからないから。

 

 

 

 

女友達とふたりで居酒屋に行くのは?

出展:https://cancam.jp

 

カフェが居酒屋に変わっただけで「イヤ派」が2/3を超えとった。。

このアンケートほんまか!?汗

 

肯定派

行くことを隠さないで話してもらえれば信じる。

安い居酒屋なら浮気に発展するような相手ではなさそう。

 

反対派

酔ったら何が起こってもおかしくない。

彼に下心がなくとも、女が酔ったフリする可能性がある。

 

 

 

 

女友達とふたりでカラオケ行くのは浮気?

出展:https://cancam.jp

 

もはや肯定派の意見が無い。

反対派の意見としては密室はイヤが多数回答みたい。

他にもカラオケは密着しやすいしラブソングを歌っていたら

友達同士でもそういう雰囲気になるかも…と言う意見。

 

 

スポンサーリンク

 

 

夜景のキレイなレストランは?

 

 

反対派の意見では

もはやデート。

そんなところに女友達を連れて行くなら私を連れて行け!

 

 

 

 

夜のドライブは?

 

反対派の意見では

車ほど誰にも見られない密室の空間はない。

ドライブが目的ならイヤ。

もうみても浮気。

 

 

 

アンケートの意見から見てみると

ボクの撮影スタイルは完全に浮気の要因に入るんか…?

目的が明確にポートレート撮影やから大丈夫か…?

一応モデルさんが不安にならん様にできる限り

安全安心を心がけてはおるんやけど…

こんなん見たらめっちゃ不安なってくるわ。。

 

 

主に作品撮りは

夜の環境が多いし、大概モデルさんと2人やし。。

流石に泊まりはないけど車で遠出もするし。。

夜景ポートレートも撮りたいし。。

 

 

Miya アウトォーーッ!!>_<

ってやつ!?

 

 

いまのところ

撮りたい写真を撮ることができる独り身の環境というか

なんの柵(←シガラミと読むんやでぇ〜)もないボクは

ある意味では恵まれた環境なんかもしれんな。。

まぁ、良くも悪くもな…orz

 

 

 

嫉妬深い彼女を持つとどうなるのか?

 

「他のひとと話さんといてぇ!」

 

「遊びに行く必要ないやん!」

 

「スマホ見せて!この連絡先消してもぇぇやんな!?」

 

自分の彼女が嫉妬してるところを可愛いと思う人もおるやろう。

はたまた面倒臭いと思う人もおるかもしれん。

 

こんなボクでも以前に彼女と呼べる方が

おりましたけど、嫉妬が拗れるとどうなるのか…?

 

スマホ投げられ割られる!

バレンタインに貰った瓶入りチョコを足元目掛けて投げられる!

最終的に包丁を突きつけられる!泣

 

思い出すと白目になるわ…

 

包丁とか怖すぎるやろっ!

これはアカン!!

 

とにかく…

とにかく嫉妬する彼女がおる場合は

なんらかしらの対処を考えんといかん!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

彼女に嫉妬されるカメラマンの対処法とは?

 

身近な男性カメラマンの知り合いやけど

女性ポートレート撮影する時はどうしてんの??と聞いてみた。

パートナーの性格も皆んな違うからか答えも人それぞれやったよ。

 

・説明して理解してもらう

付き合った当時の頃は
ちゃんと帰りの時間を決めて守るとか
こまめにメールや電話の連絡するとか
その度に話し合いと約束をしてた。
女性モデルと一緒にいる事で相方に
なるべく心配掛けない様に心掛けてた。
今はカメラマンとしての仕事や作品どりのことも理解してくれてる。
お互いに信頼関係を大切に出来てると思う。

 

・仕事だとウソをつく

相方には普段通り
仕事(カメラマン)と言って撮影に出てる。
夜遅くの撮影はなかなか出来ないけど
女性モデルのポートレート写真撮りに行くとか
絶対許してくれないやろうし
疑われるような事をわざわざ正直に言わない。

 

 

・彼女をモデルにして撮る

色々女の子と撮影してたりしたけど
彼女出来てからは他の女の子撮るよりも彼女がいい。
自分は趣味で撮ってるから作品どりとか別にないし
彼女が好きで趣味が写真です。
シンプルかもやけどこんな感じです!

 

 

話を聞いてるといろんな意見があってなかなか面白かったで。

でも紳士的なイケメンカメラマンってかっこいいね!

信頼関係で成り立つとかめっちゃ素敵やと思う!

理想はこうやでな!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

モデルさんの彼氏が嫉妬するケースもある?

 

男性の嫉妬に関係する事といえば

以前こんなエピソードがあったで。

特に大きなトラブルになったことはないけど

彼氏さんがいるモデルさんを撮影した時に起こったことやね!

 

 

彼氏が嫉妬するから撮影することを言ってない!

〇〇さん今日の撮影は

彼氏にはちゃんとOKもらえたんやね!!よかったね!!

 

ううん、言ってないから大丈夫!!

言うと絶対怒ってダメって言われるし!!

 

全然大丈夫やないですやん…。

 

撮影前に場所や時間や諸々を明確に色々決めるんよね。

懸念点を聞いた時に

彼氏のOKが出たら撮りたいってゆーてたから

じゃOK出たら教えてね!!となり

撮影させてもらうことになったんやけどさ。

 

実際撮りながらコミュニケーションとってる時に

ポロっと正直なところを聞いてしもうた事もあったん。

 

 

はじめOKやったのに後から怒り出す!!

また別のモデルさんであったことでは

夜じゃなくて日中だったらいいよと、

はじめ彼氏の同意も軽くOKもらえたと言うので

普通にポートレート撮影したんよね。

 

後日撮った写真を彼氏に見せたらしいんやけど

急に彼が嫉妬して怒り出したらしい。

 

何か感じ悪い写真あったのかな…と思って聞いてみたら

なんで他の男に写真撮ってもらうのに

普段見たことないような笑顔なってんねん!!

という理由だったよう。

 

それが原因でもうモデル出来ませんと言われてしもーたけど…

良かったのか良くなかったのか…複雑な気持ちです。

 

 

 

まとめ

 

やっぱり多かれ少なから男女ともに嫉妬はあるよな。

浮気についても、自分がはじめに思ってた様な

キスだったりカラダの関係を持つと浮気になるんだろうな。という

ボーダーラインよりも遥かに低いところに

女性が浮気と感じる境界線があることを改めて知ることになったわ。

 

パートナーがいるポートレートカメラマンで

彼女に他の女性を撮影することについて嫉妬されたり

浮気を疑われるような経験のある人はどう対処してるんやろかね。

 

ボクなら彼女も(居たら泣)一緒に連れて行くかもしれんし

なんならモデルさん側に彼氏がいるなら

一緒に連れておいでよ!!とゆーかもしれん。

 

皆んなで楽しく撮影できたら不安になる心配もないし

撮影準備も手伝ってくれるかもしれんやろ!?笑

 

カメラやストロボのセッティングだけバッチリやって

あとはカメラ預けて彼氏さんにも撮らせてあげるとか

皆んなが楽しめるポートレート撮影とかめっちゃいいやん!!

ボクはそう思うんやけどなぁ。

 

 

ポートレート写真を撮るカメラマン側もモデルさん側も

相方には自分が真面目に一生懸命やってることなら

理解して欲しいと思うし応援してくれたら嬉しいとも思うやろう。

 

相手が嫉妬深かろうが、やましい事と思ってないなら

隠さずちゃんと話して相談してみるべきや!!

と思うのがボクの対策というか考えやな。

トラブルに巻き込まれることなく撮影に臨みたいもん。

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください