ポートレート撮影を始める前にモデルさんに見せると劇的に写真が良くなるもの!

 

ポートレート撮影って言っても

人それぞれ撮り方やり方があると思う。

撮るモデルさんによっても変わってくるかもしれん!!

 

動物写真、天体写真、風景に鉄道やスポーツなど

いろんな写真があるけどポートレートは相手が人間やから

唯一コミュニケーションをとりながらの撮影になってくるよね。

 

ということは、

相手のモデルさんにも意見が聞けるということや!!

写真を見せながらどう撮っていきたいなどを

擦り合わせしながら撮影を進める事ができるので

そういうところもポートレート撮影では面白いよね。

 

今回は撮影を始める前にモデルさんに

1枚試し撮りした写真を見せてから進めていくと

撮れる写真が劇的に良くなるよ!!っていうお話です!!

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

 

撮りたい写真のイメージを見せる

 

撮影の用意もOK!!

 

モデルさんの準備も完了!!

 

そしたら撮っていきましょう!!

 

のその前に!!

 

ポージングや表情は一旦置いといて

1枚試し撮りをした画像をモデルさんに見せてみてよ。

 

 

特にまだポートレート撮影に

慣れていないモデルさんの場合なら尚更!!

 

自分がどんな風に撮られてるんか分からないまま撮影が始まるのと

撮っていく雰囲気を初めに伝えてから撮影していくのでは

その後に撮れる写真が全然違ってくるよ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

イメージを共有出来れば撮影が良くなる理由

 

ボクが撮影するときは必ずと言っていいほど

初めに1枚撮ってそれを見せてから始めるようにしとる。

 

なんで撮影を始める前に試し撮りをモデルさんに

見せると撮れる写真が良くなったと思うのか

理由を考えてみるといくつか思い当たる事があるんよね。

 

その理由がコレ。

 

イメージを共有できるから

ボケ味のある柔らかな優しい雰囲気の写真なのか

パキッとしたかっこいい感じの写真なのか

その場で撮りたい雰囲気や

頭の中に見えるイメージは言葉で伝えることも出来るけど

実際にその場で1枚撮って見せてあげるとより具体的に

どんな雰囲気の写真を撮っているのかがモデルさんに伝わりやすい!!

 

ポートレートは二人三脚やとボクは思っとるんやけど

どちらかだけが頑張っても良い写真は撮れへん

お互いでより良い写真が撮れるように

イメージを共有することはとても大切なことやと感じとる。

 

 

モデルさんも撮る写真の雰囲気が理解出来るから

モデルさん側からしたら

目の前のカメラマンのファインダーからはどんな感じで

見えてるのか想像でしか分からへん。

 

実際に撮影した後に写真を見たら

全然思ってた感じじゃなかった…

なんて事もざらにあるらしい。

 

自分が今どんな風に写ってるのか見せることで

モデルさんもイメージしやすいし撮られやすくもなる。

 

もしモデルさんに

そしたらSS1/4000 F1.4 ISO100で撮りますね!!

と伝えたとするやん。

 

モデルさん側も

太陽が向こうでこっちにストロボがあるということは…

ああ、なるほど日中シンクロで撮るのだな…

 

ストロボの高さ、角度はこれくらいか…

ちょっと影に注意しないとアカンね。

ストロボのパワーは…あぁ、やっぱり1/1か。

 

んで、えぇっと…

付けてるレンズは85mmでF1.4って言ってたな。

 

カメラマンがあの位置から撮影するんなら

おそらく膝上くらいからのカットなんだろうな…了解。

 

とは、ほとんどの場合ならへん!!

 

想像させるより撮影始める前に

より具体的なイメージを1枚見せてから始めるべき!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

モデルさんも撮影した写真は見たい

 

実際に撮影するモデルさん全員に聞いてみたことでもあるんよね。

撮影始める前にどんな感じで撮っていくのか

一回見てから始める方が良かった??って。

 

そしたらモデルさん全員が

見てからの方がいい!!って答えやったわ。

 

撮影する前にも試し撮りを見せてるし、

そのカットの撮影終わりにも毎回見てもらうようにしてる。

 

撮り始める前に

見た試し撮りの雰囲気が頭にある状態

実際に撮影した写真を後で見たとき

答え合わせをするような感じで

モデルさん自身が次はこうしてみようと色々思うこと

あるみたいなので、毎回少々時間はかかっても

モデルさんに写真をちゃんと見せる方が撮影自体もよくなるかな!!

 

 

ただ例外もあって

撮影する前にどんな写真が好き?って聞いても

お任せします!

の時もあるし、撮った写真見せても

凄いです、ありがとうございます…ばかりの時もあるから

その時は色々撮影を試してみてそのモデルさんの好きな感じを探したり

自分の撮りたいイメージで撮ったり探りながら進めるパターンもあったりするね。

 

 

 

 

見せれない時は言葉で伝えよう

スポンサーリンク

 

撮る前に1枚試し撮りを見せようゆーてるけど

撮影する場所によってそれができん場合とか

敢えてしない場合もあったりする。

 

どんな時かというと

海辺の岩場とかで撮影する時とか

モデルさんが居る場所と自分の撮影位置の往復が

難しい時が多いかもしれん。

 

そういう時は

このまま撮影続けるね!と伝えて

そのカットの撮影最後に見てもらうようにしてるかな。

 

敢えて見せない時というのは

もう既にモデルさんの雰囲気も完全に出来てて

 

今の流れを止めたくない!!

見せてなくてもお互いのイメージは一致してる!

 

って思った時にそのまま撮影を続けたりすることがあるよ。

 

 

でもそんな時は

今バストアップで撮ってるよ、今は上半身だけのカットやよ

次膝上のカットで撮ってみようとか、

なるべく撮影している画角や雰囲気をちゃんと言葉で伝えるようにはしてるかな。

 

それと同時に、

そしたら少し目線を上にして…

あぁ、すごく良い感じ!!めっちゃきれいやん!!

とか、自分が感じていることとかを

なるべく聞こえるように独り言で喋ってる感じかな。

 

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

 

今回は、撮影前に1枚試し撮りを見せて

どんな雰囲気の写真を撮っていくんか

モデルさんに伝えて撮影を始めると撮れる写真が

劇的によくなるよっていうお話やったけど

モデルさんから時々聞くのは

撮影前に見せてくれるカメラマンさんはあんまり居ない

っていう事と、毎カットごとに見せてくれるカメラマンさんも

多くはないっていうこと。

 

ポートレートに関して言えば相手が人なので

コミュニケーションをとりながら撮影していく撮影だし

お互いの息やイメージをを合わせた方が

絶対に良い写真を撮ることができる!!

だからイメージを共有することはとても大切なことやと思ってる。

 

 

イマイチな写真も中にはあるし、全部は見せたくないな…って

もし思うことがあるなら、全然そんな風に感じる必要はないと思うし

このカメラマンさん

あんまり撮った写真見せてくれないな…

なんて感じるモデルさんは

積極的にさっきのカット見せてもらってもいいですか?

って聞いてみたらいんじゃないかなって思います。

 

 

モデルさんに見せて

自分が気づけなかった部分に気づける事もあるし

カメラマンさんから見せてもらって気づける部分も

どんな撮影でも毎回あると思うので

ぜひ二人三脚のつもりでより良いポートレート撮影をしていきましょう!!

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください