Sony α7ⅢとSIGMA ART 30mm F1.4で撮影したポートレート!Super35mmモードのONとOFFの検証!

 

どもMiyaです。

今まで使ってた5D Mark3を最近はちょっと置いといて

実は今α7M3を使っとるんよ。

 

初めてSonyのミラーレス一眼カメラを使ってるんやけど

正直違和感があってまだ使いづらく感じるわ…

 

出来ることや便利な機能が多くて

コンピューターみたいなカメラと聞いてたけど

実際色々使ってみるとホンマそうやなと思ーたわ。

 

でも5D Mark3もα7M3もこーたからには

自分の身体の一部のように使いこなせるよう

ガンガン使ーていこう思います!

今回はそのα7M3のSuper35mmモードについて書いてみるな!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

α7シリーズにあるSuper35mmモードってなんなん?

 

どうやらα7M3にはSuper35mmモードってもんがあるらしい。

 

カメラの中のセンサーサイズには大きく分けて

フルサイズの35mmから数えると

次にAPS-C、マイクロフォーサーズと続いていくんやったね!

iPhoneとかも含むと更に小さいセンサーサイズがあるけどさ。

 

このα7M3のSuper35mmモードっちゅー機能を使えば

フルサイズミラーレスのα7M3に

APS-C用のレンズを付けて撮影することが出来るんやってな!

 

OFFにしてても撮影すること自体はできるんやけどさ。

フルサイズ機のカメラにAPS-C用のレンズつけたら

画角や画像の周辺がどんな風になってしまうのかってことね。

 

 

前にも同じような感じで

5D Mark3 にAPS-C専用レンズ SIGMA ART 30mm F1.4 DC HSM

を付けてみた時に撮れる写真を紹介してみとるよ。

 

SIGMA ART 30mm F1.4 DC HSMとフルサイズ機でポートレート撮影!!

 https://miya51.com/sigma-30mm-portrait-3129 
 

 

Art 30mm f1.4 dc hsmとフルサイズ機で撮れる写真は!?

 https://miya51.com/sigma-art-30mm-f1-4-dc-hsm-2529

 

 

 

今回もまた同じように

APS-C専用レンズのSIGMA ART 30mm F1.4 DC HSM

をα7M3に取り付けてポートレートを撮ってみたので

そのことについて書いてみるわな!!

 

 

 

今回はこのカメラとレンズの組み合わせや!!

 

 

 

あ、そうそう!

元々はキャノン用(キャノンマウント)SIGMAのレンズやったから

カメラとレンズの間にはMC-11ってゆーアダプタを付けてるよ!

 

 

このアダプタ使えば、

キャノンマウントのSIGMAレンズもSonyのα7M3で使えるんね。

便利なもんがあるもんやな!!

 

んじゃ、実際にSuper35mmモード機能を

ONにした時とOFFにした時の写真に現れる違いも見ていくな!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

Super35mmモードのONとOFFで撮れる写真の違い

 

久々に太陽が出てる時間帯にポートレート撮影したわー!!

ストロボもぇぇけど自然光もやっぱり素敵やね。

あ、そんなことはどーでもぇぇか。

実際とり比べてみたからその写真を見てみてよ!

 

 

画角について

Super35mmモードONにした時の写真とOFFのまま撮影した写真ね。

これ撮ってる時

手持ち撮影してて三脚を使ってないからキッチリ正確ではないけど

撮ってる位置は一歩も動いてないからね!

Super35mm機能のON/OFF切り替えただけやよ。

でも三脚使えばよかったな、ごめんな。。

 

 

 

Super35mm機能ONで撮影したもの】

 

【Super35mm機能OFFで撮影したもの】

 

 

 

 

ケラレについて

Super35mmをONにしてたら絞り解放でもほぼケラレは無くなるみたいやね。

OFFの状態で撮影すると確かにケラレはみられるけど

あぁ、こんなもんなんやなぁ…というのが実際の感想やわ。

ちなみにどちらもF値は1.4ね。

 

あと、Super35mm機能をOFFにしてたら画角の端の方の歪みは結構出てるかもね!

ぼくはあんま気にした事ないんやけど…

Super35mm機能をONにしてたら画角も狭くなる分歪みが気になることはなさそうやな。

 

 

 

オートフォーカスの精度はイマイチ?

 

フルサイズ一眼レフの 5D Mark3で試してみた時にも感じたことやけど

ピント合わせる時に

バシッ!!ととはなかなかいかん感じみたいやわ。

暗くなってくると尚更AFは難しくなる。

オートフォーカス使わずにマニュアルで合わす分にはなーんにも問題ないけどね!

 

このカメラ使ってマニュアルフォーカスでピントとる時に

ズーム機能が使えたり、マニュアルフォーカスの時に

ピーキング機能が使えたりするところはぇぇところやね!

 

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

 

今回α7M3と、SIGMA ART 30mm F1.4 の組み合わせで

実際にポートレート撮ってみた。

 

ケラレについての対策として思ったことは

このα7M3のSuper35mmモードをONにして撮影する方法がひとつね。

 

あとは、普段RAWファイルで撮影しとる方やったら

何かしらの現像アプリで調整することもできるかもしれんね!

 

例えば

ぼくは普段Lightroomを使って現像作業しとるけど

Lightroomの機能の一つに

レンズのプロファイルを選択するところがある!!

 

ここでSIGMA ART 30mm F1.4を選択して

レンズの歪みや周辺減光を調節してやる方法もアリかもしれん。

 

 

これなら広い広角でも撮れるし

後から修正してやればある程度ケラレも目立たなくなると思ったよ!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください