art 30mm f1.4 dc hsmとフルサイズ機で撮れる写真は!?適性の絞り値は?

 

カメラは消耗品 レンズは資産」と誰かが言ってましたね。

 

上手くなるためにガンガン使っていくつもりだけど

大事なのもなので、

長く使っていけるように大切にもしていきたいですよね!!

 

今回は、僕の思い入れのある単焦点レンズ

SIGMA 単焦点レンズ Art 30mm F1.4 DC HSMを

フルサイズ一眼レフカメラで使って撮影した内容をまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

SIGMA 単焦点レンズ Art 30mm F1.4 DC HSM

出典:www.sigma-global.com

 

使用した誰もが口を揃えてこう言います。

 

435gという少々重いデメリットはあるけど、

 

使用した時の描写性の高さや

 

F1.4というインパクトのあるボケと強烈な明るさは抜群だと。

 

僕もほんとにそう思います。

 

そしてSIGMA 単焦点レンズ Art 30mm F1.4 DC HSMは

僕にとっては思い入れがあるレンズで、この単焦点レンズから一眼レフカメラが始まりました。

 

 

 

フルサイズ一眼レフで使用できないのか?

 

 

まずSIGMA 単焦点レンズ Art 30mm F1.4 DC HSMの製品説明には

APS-C専用の単焦点レンズであると記されています。

 

前はAPS-C機の一眼レフカメラと「SIGMA  Art 30mm F1.4 DC HSM」を使っていたけど、

今はフルサイズ一眼レフカメラを使っているよ

という方も、もしかしたら少なくないかもしれません!

 

僕が実際にそれなんですけど

このレンズ結構気に入ってたのになんだかもったいないなぁ…

って思ってたんですよね。

 

それで、ためしにフルサイズ一眼機に装着してみたんです。

 

そして…

 

ちゃんとハマるやん!!
(同じキヤノンのフルサイズ機だからね!)

 

シャッターボタン半押し&親指オートフォーカスで

動くやん!!

 

そのままシャッター押すと

撮れるやん!!

 

これはどげんかせんといかん!!

と思いワクワクしながら色々試してみることにしました。

 

 

 

 

APS-Cとフルサイズで撮れる写真を比べてみる

 

フルサイズ機を使うようになって諦めかけてたんですけど

このレンズの使い道があるかもしれないな!!と思ってAPS-C機とフルサイズ機で試し撮りをしてみました。

 

APS-C機(EOS kiss x5)で撮影した写真

 

左:《F1.8》右《F8.0》

APS-Cだと問題なく撮影できますよね。

次は、同じ場所(三脚の位置を変えずに)でフルサイズ機で撮影です。

 

 

フルサイズで(5D Mark Ⅲ)で撮影した写真

 

左:《F1.8》右《F8.0》

APS-Cに比べると、センサーサイズが大きいので当然更に広角になります。

そして両サイドに何やら黒いものが…

 

 

 

 

フルサイズ一眼レフ機で使った時の特徴と回避策

 

(左:APS-CのF1.8 右:フルサイズのF1.8)

 

ケラレる(写真の端が暗くなること)

上の写真を見てもらうと分かるように写真の角や端が暗くなります。

フードをつけても外してもこれは変わりませんでした。

 

ケラレの改善方法

絞り(F値)を上げることによってだいぶ改善します。

 

 

(左:フルサイズのF1.8 右:フルサイズのF8.0)

 

絞り値を上げていくと、

F8くらいからはだいぶマシになったんじゃないかなと思います。

 

絞り値を上げると取りれる光量が下がるので、

上げた分だけシャッタースピード、もしくはISO感度で調節する必要があります。

 

 

 

被写体との距離

試してみたところ、

レンズと被写体までの距離は、20㎝くらいまで寄ることができたと思います。

↑ ↑ ↑ 可能な限り寄って撮影した写真が上のやつです。

もちろんオートフォーカス(AF)でピントをあわせています。

 

ケラレを有効活用できる方法はあるか?

 

ポートレート(肖像写真)が撮りたいと思ってるぼくにとっては、

端が暗くなることで、

見る人の目線を真ん中に向けることができるかもしれない!!

 

と思ったのでケラレの写真でもいいかもしれないと思いました。

まぁ、好き嫌いに分かれるかもだけどね!自分がいいと思うならアジだと思えばOK!!

 

ちなみにこのケラレと言うことば。

「celare」はラテン語で、隠す、隠れるという意味なんですって!

どうでもいい〜♫\(^o^)/

 

 

スポンサーリンク

 

 

フルサイズでの試し撮り写真

 

レンズ自体の評価はとても高いSIGMA 単焦点レンズ Art 30mm F1.4 DC HSM!!

APS-C一眼で撮る時と変わらずキレイに撮れます。

 

絞ればマシになることはわかった!!

単焦点の強みを活かせれるように、

あと、ケラレが目立たない様な撮り方も考えながら撮影してみました。

 

 

4つとも絞りはF1.8のまま。

意地でもF1.8で撮ってやろうと思ってました!!

(なぜ全開放のF1.4じゃないかって?F1.8が好きだからだよ)

 

夜景写真はISO3200まで上げての手持ち撮影。

最後はストロボ用のカラーフィルター使ってますが、レンズ、カメラ条件は同じくF1.8で手持ち撮影。

 

よく見ると端が黒く蹴られているのが分かると思いますが、

我ながらに上手くごまかせてるんじゃないかなって思ってます。

 

絞りを上げたり、

シャッタースピードの調節で取り込む光の量をなるべく多くすることで、

ケラレを少なく見せることができそうなので、

 

ぼくはなんだか上手く使えそうな自信がでてきました!!

 

わざわざフルサイズで使わなくても、

レンズ自体はとてもいいものなんですけどね!!

もし気になっているかたは見てみてください。

SIGMA 単焦点レンズ Art 30mm F1.4 DC HSMはこちらです。

 

キヤノン用

ニコン用

 

他にも、ペンタックス用、シグマ用、ソニー用もあります。

 

 

こちらの関連記事も是非ごらんください!!

 

 

 

【DC】や【HSM】の意味とは?

 

そもそもぼくがレンズの名称にも書かれてある

DCHSMという意味を知っていたら

今回のようなことにも早く気づいてたのかもしれませんね。

 

 

今回これをきっかけに勉強しなおしてみました。

このSIGMA 単焦点レンズ Art 30mm F1.4 DC HSMというレンズを例にあげてみてみよう!

 

SIGMA 単焦点レンズ Art 30mm F1.4」という名前から分かることは

 SIGMA製の単焦点レンズで

 ContemporaryArtSports という3つのシリーズがあって、

そのうちのひとつであるArtシリーズの30mm単焦点レンズだよ。

 

F1.4 っていうのは、レンズの中の羽(絞り)を調節する時に値となる数値なんだけど、

このF1.4ていう数値で撮影できるこのレンズは

暗いところでもとっても明るく撮れるし、ボケも得やすいよ!ってことを意味してるのね。

 

 

Artシリーズの特徴

最高の光学性能と豊かな表現力を実現するというのがArtシリーズのコンセプト。

圧倒的な描写性能と芸術的表現力に最大の力点をおいて開発されていて、



サイズや多機能性を犠牲にしてでも、とにかく最高の写りを」との期待に応え、

風景、ポートレート、静物、接写、スナップをはじめ、多くの作品作りに適している。

 

 

 

そして、DC HSM ということから分かることは、

 

DC:APS-Cのカメラで使用できるよ。

   フルサイズでも装着自体は可能だけど、中心以外は暗く写るよ!


HSM:Hyper Sonic Motorの頭文字。
    高速だけど静かなオートフォーカス(AF)ができるモーターを使っているよ!

 

という意味だったのね。

意味を知っていれば、ある程度どんなレンズなのか判断することができましたね!!

 

 

 

まとめ

SIGMA 単焦点レンズ Art 30mm F1.4 DC HSMは

僕にとって思い入れのある大切なレンズなんですよね。

 

APS-C専用のレンズということですが、工夫次第では問題なく使えるんだと気付きました。

もし、僕と同じようにこのレンズ持っていて、使われていない方がいらっしゃいましたら

試しに使ってみるのもいいかもしれませんよ!!

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です