カメラの正しい構え方

今更ですが、
カメラで写真を撮影する時、どのような持ち方をしてますか??
と聞かれた際に、私のような初心者の方でも、
大概は正しい持ち方は知っていると思うんですよ。

では、
なぜそのような持ち方をするのですか?
なぜそのような構え方をするのですか?
と聞かれた時に、私はうまく説明ができませんでした…。

ということで、
カメラのうんちくを色々勉強する前に、
しっかりと、カメラの正しい持ち方、構え方について
知っておこうと思います。

そして、なぜその持ち方なの?と聞かれた際には
自信を持って答えられるように勉強していきたいと思います!!

いや、答えれるために勉強するのではなくて、
これからのカメラ、写真の上達に繋げていけるようにするための勉強です!


【勉強ノート】

スタンダードな横持ちの場合

 

・まず、一番大事なのは左手。
・左手はカメラの座布団だというイメージ。
・カメラとレンズの下をしっかりと支えてあげる。
・そして右手は力を入れずに!!
・そして構える時は、脇を締めて腕を体に固定する。

しっかり持つことで、ブレにくくなりますし、
ファインダーの中をしっかり見るようになってくると
構図が上手になる人が多いんだとか。

スポンサーリンク

縦持ちの場合の注意点

 

シャッターボタンを上に構える人。
シャッターボタンを下に構える人。
結論的にはどちらでもOK!!

シャッターボタンを上に構える人
・左手が下になるので、
 左手でしっかりカメラとレンズを支える。
・右手が上になるので、
 脇があくので、きもち脇をしめるようにする。
 (グラグラしない程度でOK)

シャッターボタンを下に構える人
・この場合も基本的には左手でカメラとレンズを支える
・右手のシャッターを押す手にも重量がかかってくるので、
・力が入ってしまうと、ブレてしまうことがあるので、気をつける。

 

まとめ

構え方以外でも、

壁など動かないものに体を預けて固定させることで、
今まで以上に安定させることができる。

たとえば、
壁面などに体重をかけるようにして
カメラを構えると体のブレを止めることができる。
これならある程度のスローシャッターにも対応できますね!

そのほか、
手すりやテーブルなどに肘を置くと
同様にカメラを安定させることができる。
特にシャッターボタンを上にした縦構図の撮影の際は、
左肘をテーブルなどに置くだけで安定感が変わってくる。
こうした撮影をする際は、
安全の確認と周囲に迷惑がかからないように気をつけることが大事ですね!

スポンサーリンク


カメラの持ち方について解りやすく勉強できたサイトのリンク

 

中原一雄 さん の YouTube 動画 《studio9 channel》

ちゃんと持ててる?ブレずに撮れるカメラの持ち方のきほん

 

ITmedia LifeStyle

デジタル一眼レフのブレない構え方

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です