被写体モデルをスカウトする!無視されない方法や相手とは?

歩いてて誰かとすれ違った時とかさ

あ、この人撮ってみたいな…

って思った事ないかな??

 

ボクは時々そう思うことがあって

実際に声かけてみたことがあるんよね。

 

察しの通りやけど

突然写真撮らせてほしいゆーて声かけても

無視されるし聞いてくれてもほぼほぼ断られるし

全然アカンかったよね。

 

でも何回か試して声かけていくうちに

無視されずに話聞いてくれる人や

言いたい事を伝えやすくなる方法なんかも

分かってきたんや。

 

今回は

被写体モデルさんをスカウトしてみたいなって

思われてる方にはぜひ試してみてほしいお話です!!

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

 

 

被写体モデルをスカウトする前に

 

まず声をかける前にチェックしといて欲しいところやけど

清潔感や身だしなみは気をつけたいところやね。

最低限の事としては髪型とか爪とか服装とかや。

 

高い服用意するとか

カッコ良くみせろと言うんじゃなくて

人として不快と思われる様な言葉遣いや

格好でなければOKということやで。

 

既に難易度高いけど…

って思う必要は全然ない!!

 

極端かもやけど

ホームレスのおっちゃんでも

服や髪型一つでめっちゃ良くなるんやから!!

 

あ、ちなみに

映画「ニューヨークと寝た男」で有名になった

Mark Reayさんは、

清潔感を演出する事がめっちゃうまいホームレスのカメラマンよ。

ドキュメンタリー映画にもなってて結構面白いよ!!

 

 

 

 

 

 

 

目的を伝える為に用意するもの

スポンサーリンク

 

いくら小綺麗にして話しかけたとしても、

相手に言いたい事がちゃんと伝わらんとただのナンパやと思われて終わるんや。

 

実際に声かけて話聞いてくれたとしても

写真を撮らせて!ってゆーだけじゃ

どんな写真を撮りたいのかなど、詳しく伝えることができんかったら

 

すごくもったいない!!!

 

うまく伝えられんかったな…って

あとあと自分でもそう思う相手からは

残念ながら連絡も来ることはなかったね。

 

それと、もし声かけて相手が話を聞いてくれた時に

自分の目的がちゃんと伝わる様に説明しながら

忘れず一緒に渡しておきたいのが名刺とフライヤーのこの2つ。

有るのと無いのでは全然違うからね!!

 

 

 

・名刺(フライヤー)

 

自分が誰なんか初めに名乗るけど

正直名前なんて直ぐ忘れられるし

ちゃんとカタチに残るような状態で渡すことが出来れば

後々コイツ誰やっけ??って検索してくれる事もある。

名刺はいつでも持っておきたいね!!

 

 

もし自分の名刺を作りたいって方がいたら

WEBで簡単に作ることもできるので

ちゃんと作っておくことをオススメするよ!!

 

例えばよく見かける感じの名刺とかであれば

テンプレートを利用して作成すると直ぐに作成できる。

https://raksul.com/online-design/business_card

 

 

ちょっと凝った感じで作りたかったら

イラレやフォトショでデザインして印刷会社に入稿すればOKや!!

プリントパックなら料金もとっても安いし

ボクも実際にここ利用してハガキサイズで名刺作ったよ!!

https://www.printpac.co.jp

 

 

 

・ポートフォリオ

 

WEB版で作ったポートフォリオを見せるのも手段の一つやけど

実際に写真として印刷したものを持っておけば

スムーズに話やすくなる時もあるよ。

そのまま渡してしまう事もできるしね!

 

もし、まだ自分のポートフォリオや、撮影した写真があんまりないなら

WEB上とかにある撮影したい写真のイメージを見せながら

お願いしてみるのもいいと思う。

 

大事なんは言葉で説明するだけじゃなくて

実際に撮影した写真、撮影したい写真を見せながら

わかりやすく相手に伝える事やね!!

 

 

そうそう、WEBでのポートフォリオが出来たら

URLやバーコードを名刺やフライヤーに載せるようにしておこうな!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

声をかけても無視されない相手とは?

スポンサーリンク

 

路上で声かけてみるより

ショッピングモールとかの

店員さんに声かけてみるといいと思う!!

 

これがボクの結論。

 

歩いてる人に声かけても

止まってくれんかったり無視されたり

撮影させてもらえる人探すんはなかなか難しかったわ。

 

だけど、お店の店員さんやったら

最終的に断られることはあっても

無視されることは一度もなかったんよね!!

 

花屋さんでも服屋さんでも雑貨屋さんでも

お店とかで働いてるモードの人に時に声かけると

無視されないどころか、しっかり話も聞いてくれる!!

 

これは悪用と言うんやろか…

 

でも相手は働いてる最中やから

あんまりゆっくり話してる時間はないので

手短にモデルを探してる、撮影させて欲しいと言う事と

こういう写真を撮ってるっていうフライヤーや名刺を渡して

検討してみて欲しいと伝えるだけでOKや。

 

路上でもお店の店員さんでも

声かけて説明するやり方や内容は全く同じやのに

店員さんに声かけるようにしてみると

不思議と写真に興味持ってくれる人は

路上で声かけた時よりも断然多かったし

撮影に至らなかった時でも、話はちゃんと聞いてくれる。

ダメな時でもわざわざ断りの連絡してくれる方もおる。

 

 

皆んなお仕事の時に声かけると優しくなるのか…?

いや、失礼の無い様にと…という

接客モードになってるから邪険にしないだけでしょうね。

でも、それを利用するのもチャンスを作る一つの手段やで!!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

もし撮影のモデルさんを探してるなら

騙されたと思って一度店員さんに声かけてみて!!

 

路上で突然声かけるより

断然話しを聞いてくれることの方が多いし

無視されることはきっとないはず!!

むしろ店員さんと仲良くなれたりもするよ。

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください