大学生にオススメ!コスパの良いSAMYANGの単焦点レンズ!!

あっ!コレ、使ってみたいな!

 

と思うレンズをみつけたときに

値段を見て、、、部屋の隅っこで体育座り。。

 

皆さんも同じような経験ありませんか??

 

 

       そんなのぼくだけですかね。。泣

 

 

興味のあるレンズはいくつもあるんだけど、

レンズってやっぱりどれも高いんですよね。。

 

今回は、

欲しい焦点距離の単焦点レンズを

安く購入できるSAMYANGのレンズについてのお話です!

 

 

スポンサーリンク

 

 

SAMYANG(サムヤン)製のレンズを選択肢の中に入れてみる!

 

実は少し前から使ってみたいなって思うレンズがあったんですが、

これがまた笑えるほど高い高いっ!!!

 

いや〜、、この金額は泣けてきますね。。

笑ったり泣いたりと忙しいやつですが許してやってください。

 

「欲しいものリストに追加する」にはいくらでもクリックできるんですが、

その上のカートに入れるのその先は、

気合と勢いが更に必要なようで、なかなか押し進めることはできませんでした。

 

今のぼくには、

ヤムチャが天下一武道会で

優勝するくらい難しいことです!!

 

え?

 

そんな時に見つけたのが、

SAMYANG製の広角レンズだったんです。

 

 

SAMYANGってどこのメーカなの?

出典:www.samyanglensglobal.com

 

ぼくもつい最近までは知りませんでした。

SAMYANG(サムヤン)

正式には、Samyang Opticsで、

韓国で1972年に創業したレンズメーカであり

40年以上前から存在する会社のようです。

もともとは、監視カメラ用のレンズのメーカだったんですって!

 

2010年くらいから

日本のカメラ店などにも広がりだしたようです。

 

 

SAMYANG 製レンズの実際の評判は?

口コミや、レビューサイトを見ると直ぐに分かるかもしれませんが

多くの方が満足されているように見受けられます。

 

Amazonのサイトでも高評価が非常に多く、

 

・ピントがあった部分はシャープ、他は柔らかなボケ

・作りもしっかりしている

・ポートレート撮影向けに買ってみましたがとても満足

 

 

というようなコメントもたくさん目につきます。

 

 

実際に購入して使ってみました!

 

ぼくが買ってみたのはコレ。

冒頭でも述べたように、

広角レンズは一度も使ったことがなかったので、

試しに買って使ってみることにしました。

 

 

 

 

SAMYANG製のレンズについての感想

 

メリットであると感じたところ

 

コストパフォーマンスが良い
 純正のレンズに比べて
 2分の1から3分の1くらいの金額で購入することが可能

 

多岐にわたるマウントから選ぶことが可能
 ・Canon用 ・Nikon用 ・SONY用
 ・FUJIFILM X 用 ・PENTAX K 用 などがあります。

 

ちゃんと作りもしっかりしていて、とても明るいレンズである
 基本的に単焦点レンズばかりですが、
 思っていた以上に明るく撮れることに驚きました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

デメリットであると感じたところ

 

SAMYANGのレンズは基本的にマニュアルフォーカスのみ
 これをデメリットと考えるかどうかは人それぞれかも。
 そもそも、星を撮りたい時にオートフォーカスは使わない。

 

広角レンズは特に開放で撮ると四隅が暗くなる(周辺減光)
 絞り値F4くらいから気にならないくらいになることを確認。

 

広角レンズは撮る角度によって、フレームの端が非常に歪む(湾曲収差)
 構図も考えながらにはなるけれど、
 レンズの角度(上下)をなるべく水平にすることで簡単に良くなる。

 

 

試し撮り

見ての通りド田舎 夜中1時に早速 SAMYANGの広角レンズで試撮影。

・シャッタースピード4秒

・絞りF2.8

・ISO感度20000

・オートホワイトバランス

 

・シャッタースピード4秒

・絞りF2.8

・ISO感度6400

・オートホワイトバランス

 

・シャッタースピード4秒

・絞りF2.8

・ISO感度3200

・オートホワイトバランス

 

・シャッタースピード4秒

・絞りF2.8

・ISO感度3200

・8200K(ケルビン)に設定

 

・シャッタースピード4秒

・絞りF2.8

・ISO感度3200

・3000K(ケルビン)に設定

 

・シャッタースピード4秒

・絞りF2.8

・ISO感度3200

・3500K(ケルビン)に設定

 

高価なレンズに比べると、

写真の端が暗くなる(周辺減光)はかなりあるのかもしれません。

絞り値を絞るなどして上手に調節することも可能なようです。

これも味だと思えるなら、一切問題なし!!

 

夜中でも月が太陽に見えるくらい明るく撮れるということは充分にわかりました。

今回は月がとても明るかったので、

次回は月の出ていない時に星がどこまで写せるのか挑戦してみようと思います。

 

広角12mmという面白いくらいに広い視野を実感しながら

本命のレンズを購入するまでは楽しんで撮影できそうです!

 

 

まとめ

 

皆さんの中でも

単焦点レンズの購入で迷われている方がいらっしゃいましたら

コストパフォーマンス良し評価良しの

SAMYANGのレンズを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

 

もしくは僕のように、

あくまでも、欲しいと思っているレンズは

お金を貯めて最終的には買う!!

 

だけど、お金を貯めている間にも

14mm使ってみたい!!

85mmで撮ってみたい!!

135mmも挑戦してみたい!!

という方にも非常にいい選択肢になるとおもいます!!

 

ぜひ検討してみてください。

コストパフォーマンスと性能の両方を考えた時には

とても良いレンズだと思います!

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です