ブログのプロに聞いた!!記事内で使う写真の容量は小さい方が良い理由とは?

文字ばかりが詰まった記事は

どうしても読みづらく感じてしまいます。

 

言葉だけで説明するよりも

写真も使って紹介した方が伝わりやすいですよね。

 

ただ、写真を使う場合は

できる限り容量を抑えた方がいいかもしれません。

 

今回は、その理由と方法についてのお話です!

ブログで写真を載せる機会が多い方は

覚えておいて損はないと思います!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

写真の容量を小さくした方が良い理由は?

 

離脱率が上がってしまう可能性があるから。

これが答えです。

 

ページの容量が大きくなってしまうと

読み込む時間も長くなってきます。

 

以前、誰かのブログを見ようとした時に

表示されるのがとーっても遅い時とか

あったりしませんでしたか??

 

せっかくブログを書いたなら

多くの方に見てもらいたい

と思いますよね?

 

ブログを見にきてくれた方がいたとしても

ページを開くスピードが遅いと、

もういいや…って

なってしまうかもしれません。

 

そうなってしまわないためにも

できるだけ写真や画像の容量は

小さくした方が良いということになります。

 

 

どのように写真の容量を小さくすれば良いのか?

 

容量を小さくする方法は色々あると思いますが、

ぼくがお勧めする方法はこれです。

 

 

バナー工房

 

なぜバナー工房がオススメなのかというと、

プロブロガーに聞いたいくつかの方法の中で

これが一番使いやすく

そして

容量を小さくしてダウンロードしても

見た限り画質があまり変わらない。

という点があるからです。

 

また、

バナー工房では他にもできることが多く

とても使いやすい点がいいところだと思います。

 

 

バナー工房で出来ること

 

このバナー工房では

写真の容量を減らすこと以外にも

とても多くのことがバナー工房だけで可能です。

 

切り抜き反転吹き出し

いろいろ加工することもできまます!!

 

その他にも、

モザイクスタンプ文字入れ

などがあります。

 

文字のフォントもたくさんあり、

横書き縦書きにも対応しているのは嬉 しいところです。

 

 

ブログ記事の表示スピードのチェック方法

 

PageSpeed Tools

 

実際にブログの表示スピードを測定するサイトです。

もし、ご自身のブログなどで

表示スピードが遅いな…

と感じていらっしゃる方がいれば

一度測定してみるのもいいかもしれません。

 

表示スピードが遅いページの場合

このように表示されます。

 

 

表示スピードが遅い方は

目安としてまず、

50%を超えるようにしていけば良いようです。

 

スポンサーリンク

 

 

圧縮と縮小の違いは?

 

画像や写真の容量を

小さくすることについて調べてみると、

似たような言葉がたくさん出てきました。

 

【トリミング】
写真の画像処理において
画面の一部だけを切り出す加工のこと。

【縮小】
画像の表示サイズを小さくすること。

【圧縮】
画像の表示サイズを変えずに
データサイズを小さくすること

 

トリミングと縮小は

単に画像の大きさをいじるもの

圧縮は容量をいじるもの

ということやね。

 

 

 

まとめ

ブログ記事内に写真や画像が多い場合、

ページの読み込みスピードが遅くなってしまう可能性がある。

 

ページ速度が遅くなってしまうと、

ブログを見にきてくれた方が

もういいや…と閉じられてしまう可能性がある。

離脱率が上がるということ。

 

そうならない為には

記事内の容量をなるべく高くならないようにする。

 

手段のひとつとしては、

バナー工房のようなサイトで

記事に載せる写真の容量を下げる方法がある。

 

実際にサイトのスピードが気になる場合は

PageSpeed Toolsのようなサイトで

表示スピードの確認をしよう!

 

スポンサーリンク

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です