雨ポートレートのチャンスを逃さないために!便利な天気予報サイトGPV!!

 

 

こんにちは。ミヤタケヨシノブです。

ご覧くださりありがとうございます。

 

このYouTubeでは、ぼくがポートレート撮影をしてきたなかで

「挑戦したこと」「失敗したこと」「その失敗に対して工夫したこと」などを

シェアしていきます。今後とも宜しくお願いします!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

毎年6月くらいからは、日本では梅雨の時期がやってきます。

ポートレートを撮影しているフォトグラファーさんなら

最近目にすることも多くなった雨の中で撮影する写真に

一度は挑戦してみたいと思う方も多いかもしれません。

 

 

今回は、

ぼくが初めて雨ポートレートに挑戦しようとしたときの失敗の話しを交えながら

雨ポートレート撮影を狙う際に便利なツールをシェアしようと思います。

 

 

■この動画の対象者について

・これからポートレートを撮影をはじめたい

・雨のポートレート撮影もしてみたい

・ついでに詳しい天気予報サイトが知りたい

 

という方は、ぜひ参考にしてみて下さい!!

 

 

雨ポートレート撮影の失敗

 

皆さんは雨ポートレートを狙って撮影しようとしたときは

天気予報をこまめにチェックしながら予定をたてていくんでしょうか?

 

たまたま降り出した雨でタイミングよく撮影できることもありますが

もし前もってわかるなら、

いつ、どのあたりで、どれくらいの強さの雨が、どのくらいの時間降るのか

詳しく知ることが出来たら事前の準備もしやすいしチャンスも逃さないで済みますよね。

 

 

ぼくがポートレート撮影を始めて間もないころの話しですが

モデルさんと撮影場所に向かっている最中に突然雨が降り出した事がありました。

 

まだ撮影したい場所には到着していませんでしたが、

急いで準備をして、いざ撮影をしようとすると雨が止んでしまった事があります。

 

多分、10分も降ってないような通り雨だったので仕方ないんですけど

あの時は、せっかくのチャンスを逃してしまった…と

 

すごく悔しかったのを覚えています!!!

 

 

この時、初雨ポートレート撮影は逃してしまいましたが

悔しい思いをしたおかげで、

上手に雨を活かした撮影をするにはどうすれば良いのかという事を考える

良いきっかけになりました。

 

それから詳しくわかりそうな天気予報のサイトは無いかな?と、

色々調べてみた結果

ぼくが辿り着いたところはGPVというサイトでした。

 

 

 

 

GPV気象予報

http://weather-gpv.info/

 

 

このGPVというサイトなんですが

日本の気象庁とか米国海洋大気局の気象予測モデルを

スーパーコンピュータで計算した予測値を指したもの

らしいです。

 

このサイトGPVの使い方についてですが

そんな特別難しい操作をするところもないので

初めて使う方でも問題なく使える天気予報だと思います!!

 

普通に精度の良い天気予報サイトなのでみなさんにオススメできます!!

 

 

まず、

「モデル」という項目の中に「詳細」「広域」という選択できる項目がありまして

「広域」では、264時間先(11日後)までの大体の天気予報を確認することが出来ます。

「詳細」では、39時間先のより詳しい天気の状態を知ることが出来ます。

 

 

その下の

「エリア」とされているところで、場所を選択して

雨量・ 気温・ 気圧などを選んで天気の状態を見ることが出来ます。

 

それから上部の予報時刻を動かしてみて下さい。

時間ごとの予測も確認できるはずです!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

実際にGPVを使ってみて良かったこと

 

例えば、

雨を狙った撮影をしに行く当日に

GPVの「詳細」で、撮影予定の数時間くらい前からちょくちょく確認しておくと、

多少の誤差があるときもありましたが、

限りなく正確な時間で、撮影したい場所では、何時ごろから、どれくらい雨が降るのか

ということが分かります。

 

 

これが分かると、

雨が降り出す前に、撮影場所で準備をしておくことが出来るので

あとは「雨が降ってくるのを待つだけ」という、余裕をもって撮影に臨むことが出来ます。

モデルさんや機材にかかる負担も最小に抑えることが可能になりました。

 

 

 

作品撮りにも重宝する!!

 

更に良いところをあげると、

雨量の予測がしやすいのもGPVの最高にいい点だと思います。

 

 

イメージした想像を可視化するような

作品撮りをする際に関して言えばですが、

ただ単に雨を使いたいと言っても

土砂降りの雨を使いたいとか、霧状の優しい雨を使いたいとか

その時撮影したいものによって変わってきます!

(ぼくの場合はですけど)

GPVではその時降る雨の強さが分かりやすいので予定も組みやすくなります。

 

 

 

 

例えばこれは、

ファイナルファンタジーXのマカラーニャの森の湖で

ユウナとティーダの最高のシーンがあるんですが、それをイメージして撮影したものです。

(この撮影の失敗談とかもいつか紹介できたらいいなと思いますが…)

 

えっと、

ファイナルファンタジーXのマカラーニャの森のシーンで

湖から天に昇っていくキラキラした光をどんなふうに表現したらいいのかなと考えて

雨を使うことにしたんですが、この時も数日GPVを使いました。

 

夜の時間で弱い雨が降る日のタイミングをずっと待ちながら

予定を組んだ覚えがあります。

 

実際にGPVの予測通り凄く優しい雨の中で撮影することが出来ました。

ぼくは雨を使いたいときはこのサイトを必ず活用して予定を組んだりしています。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回はぼくが初めて雨撮影のチャンスを逃してしまって

何かいい方法はないものかと探した時にみつけたサイト、GPVの紹介をしてみました。

 

おそらくご存じの方もいらっしゃいると思いますが

他にも、雨のポートレートを狙う時に

こういうことに気を付けてるよとか、こういうサイトがあるよなど

アドバイス頂けることがありましたら、

是非コメント欄でも結構ですので教えて頂けたら嬉しいです!!

 

前回と同様に、

・これからポートレートを撮影をはじめたい

・雨のポートレート撮影もしてみたい

・ついでに詳しい天気予報サイトが知りたい

という方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

最後までご覧くださりありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください