実践:水の流れを撮ってみる!

前回の『シャッタスピードとは?』で、勉強したことを試すために

学んだことをメモにとり早速実践しに行ってきました!

引用:
手ブレと被写体ブレシャッターが開いている間に 
カメラまたは被写体が動いてしまうと、ブレとして写ります。

シャッターが開いている間に
被写体が動くことによって被写体がブレてしまうことを
「被写体ブレ」または「動体ブレ」といいます。
 シャッターが開いている間に、
 カメラが動くことによってブレてしまうことを
「手ブレ」または「カメラブレ」といいます。
どちらも同じブレですが、 
一般的に被写体ブレは 表現方法の一つとして使われることが多く、 
手ブレは失敗写真としてみなされることが多いものです。
「手ブレ=失敗」というわけではありませんが、
意図しない手ブレには注意してください。
手ブレも被写体ブレも ピントを合わせたい被写体がブレていますが
ピントが合っていない状態(ピンボケ)とは異なります。

スポンサーリンク

 

と言うことを頭では学んだので、実際に自分自身で撮ってやってみました。

シャッタースピードを遅くする時は手ブレに気をつけろと言うことでしたが、

まだ、三脚を持っていないので、手すりやベンチに置いて、

カメラが動かないように挑戦します。

 

 

モードにダイヤルを切り替えて…

まずは1/60秒で撮影した公園の滝。

 

 

そして1/15秒で撮影した時。

 

 

最後に1秒で上から撮影した時。

 

 

 

できました!!感動です!!

単純ですが一段とまたカメラが楽しくなってきました!

今回はシャッタースピードについて学びました。

カメラを使って表現できる方法が一つ増えましたよ!

これからも、もっと色々挑戦してしていこうと思います。

 

撮影方法を工夫するだけで、印象が大きく変わってくるんですね!!

次は、シャッタースピードの調節をうまく使って

飛行機などの『流し撮り』という撮影方法にもトライしてみようと思います!!

なかなか難しそうですが、うまく出来るようになれば、

スピード感を表現する写真も撮ることができそうです!!

カメラってすごく面白いですね!!

 

今回のシャッタースピードを調節しながら撮影をする

実践練習を行うまでは、

正直、写真を撮るのにわざわざ三脚なんて使わなくても…と思っていましたが

『ブレを防ぐという』目的があると知って

ちゃんと三脚もひとつ欲しいな…買ってみようかな…と思い始めました。。

多分近々買ってしまうんだろうな…。

スポンサーリンク


実践練習で参考にした分かりやすいサイト

・カメラの学校(YouTube動画)

【シャッタースピード】渾身の一滴を撮る!【ISO感度】

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です