ポートレート撮影のモデルはどこで探す!?失敗しない方法とは?

 

一眼レフカメラで写真を撮り始めて7ヶ月経ちました。

風景や建物、動物や植物。

いろいろ撮ってみたけど自分が一番撮りたいものは

 

人物」なんだとわかりました。

 

人物を撮るといっても、

そこからまたどんな写真を撮りたいのかと、

どんどん広がっていくわけなんですけども。

 

これからも積極的に挑戦することを忘れずに

自分が行き着くところはどこなのかを楽しみにしながら

写真を楽しんでいこうと思っています!!

 

今回は、

ポートレート撮影について、

アマチュアカメラマンはどうやってモデルを探しているのか

ということについて調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

カメラマンはどこでポートレートモデルを探しているの?

 

まさに今のぼくがそうなのですが、

人物写真を撮りたい!!と思っても、

道行く方を勝手に撮るわけにもいかないしなかなか居ないんですよね。

 

他のカメラマンさんが

どのように被写体となるモデルさんを探しているのかを調べてみました。

 

 

 

《友人や知り合いに頼む》

おそらくお願いしていちばん引き受けてくれる可能性が高いのは

家族やご友人じゃないのかなと思います。

 

と言いながら、ぼくは家族にさえも断られてしまいました… ( •́ฅ•̀ )

 

知り合いにはOKを頂いたものの

なかなか忙しいらしく連絡が来たりこなかったり。。

 

おい、オマエ、それはおそらく社交辞令だぜ!!\(^o^)/

 

ここで僕はさぁ、どうしようかと考えるわけです。

 

 

 

 

《撮影会を利用して撮影する》

 

自分でいちから探すより、

すでに用意されている場所を利用する方が

早くて簡単かもしれませんね!

 

 

しっかり運営されている会社で

紹介できそうなものを2つ挙げていきたいと思います。

 

僕と同じようにモデルを探されている方がいらっしゃいましたら

参考にしてみてください。

 


 

モデルタウン

出典:www.twitter.com

 

「モデルになりたい人」「モデルに仕事を依頼したい人」が出会う場所。

 

広告モデルや、カタログモデル、雑誌のモデルやウェブサイトのモデルなど、

様々な仕事を受けたり、依頼したりし合えるサイト。

 

 

モデルタウンの利用方法

初めにメールアドレス登録とパスワードの設定登録が必要です。

 

 

 

登録されているモデルさんがとっても多く感じます。

また、地域や、モデルさんの特徴で検索することができるので

 

こういう人を撮りたい!!

とイメージがある人にはおすすめかもしれません。

 

 

料金について

 

料金の支払いはクレジットカードのみのようです。

モデルさんのサムネイル写真の下に1日あたりの金額が表示されてあります。

 

注意すべきところとしては

依頼したいモデルさんにオファーする時に依頼メールを送る必要があります。

実際に、サムネイルに表示されてある金額以外にメールを送るのに手数料が¥1,500かかります。

 

モデルタウンのHPはこちらです。

https://www.modeltown.jp/

 

 

 

 


 

Fresh!

出典:www.fresh-club.net

 

 

こちらは東京にある会社なので、関東の方向きかもしれませんね。

内容を見る限りでは、

主にはアイドル、水着、グラビアのような写真が見立ちます。

 

Fresh!の利用方法

毎日日替わりのモデルさんと秋葉原で撮影するイベント

週末に公園で開催されているイベント

撮影スタジオでモデルさんと1対1での撮影会などがありました。

 

使用するにあたり登録などはなく

ホームページで日にちやモデルさんを確認して、撮影会場に行くだけのようです。

 

面白いなと思ったところは、

レンタルカメラサービスというものがあるようです。

カメラを持っていなくても撮影会に参加できるのは良いかもしれませんね!

 

また、女子割サービスなどもあるので、

女性の方でも気軽に参加できるのは良いと思います。

 

 

料金について

毎日行われている撮影会に関しては

1時間¥3,500 3時間¥7,000 終日¥15,000

となっていましたが、イベントによって違うようなので、

もし参加される場合には、確認が必要です。

 

Fresh!のホームページはこちらです。

http://www.fresh-club.net/

 


 

 

《SNSなどインターネットでモデルを探す》

 

 

Facebookやツイッターなど

いろいろなコミュニティサイトがあります。

 

検索してみるといくつも出てくるので、使ってみるのもアリだと思います!

「地域」などのキーワードと合わせて、

「カメラマン募集」で検索してみると見つかるかもしれませんね!

 

 

 

 

 

 

コスプレイヤーズアーカイブ


出典:http://www.cosp.jp/

 

今回ぼくが利用してみたサイトが

コスプレイヤーズアーカイブというコミュニティサイト。

 

サイトはこちらです。

http://www.cosp.jp/

 

 

コスプレイヤーさん同士や、

カメラマンさんとの情報交換のコミュニティとして多くの方が登録されています。

 

 

今までコスプレに興味があったわけではなかったのだけど、

ぼくがこのサイトでモデルになっていただける方を探して

良かったなと思える部分がたくさんありました。

そういったことも紹介していこうと思います。

 

 

 

利用方法

一般的なコミュニティサイトと同じです。

メールアドレスとパスワードでまずアカウントを作成します。

 

出典:http://www.cosp.jp/

 

カメラマンとしての登録であれば

コスプレはしないがSNS機能を使いたい」ユーザー登録でいいと思います。

 

登録が完了したら

レイヤーさん(←ここで教えてもらって覚えた言葉)

とメッセージのやりとりもできるようになります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

メッセージを送る時に注意したこと

 

基本的にはメールでのやりとりになりますが丁寧な言葉遣いを心がけました

 突然メッセージを送るわけですし、失礼があってはいけません!

 当たり前っちゃ当たり前なのですけどね。

 

自分の目的を明確に伝えましょう。

 特にぼくはカメラを始めて間もなく、自分の作品集などもない状態なので

 撮りたいイメージを伝えてしっかり説明しました。

 

 

 

撮影にあたっての決めること

実際に撮影する了承を頂いたらしっかり予定を話し合うようにしましょう。

 

撮影の日時や、待ち合わせ場所

 当日は何時にどこに集まって、何時頃まで撮影するのか明確に。

 

撮影の衣装

 相手の撮影したいコスチュームがあればその確認と

 私服での撮影を希望する場合に、事前に写真などを送って頂き確認。

 

撮影場所

 撮影したい場所やイメージを聞きながら

 実際に雰囲気が出るような場所を探して、どこで撮影するのかを明確。

 

不明点、不安点などの確認
こちらが良しと思っていても、相手は何か不安点などがあるかもしれません。
しっかりとこちらから伺うようにしました。

 

 

 

体感したこと知ったこと

撮影したいカメラマンもたくさんいて、

撮ってほしいと思っているレイヤーさんもたくさんいます。

 

何人かの方にメッセージを送った際に、

お話しできた方からこのようなことを聞きました。

 

撮影させてほしいと、同じような内容の連絡はよく来るけど、

撮影ではなく、出会い目的であったりが目立つ。

以前実際に危ない目に遭われた方も知っていると。

 

だから、カメラマンは探しているけど、

友達の紹介のカメラマン以外は受け付けないという方も多かったです。

 

突然こちらからメッセージを送っているので、無視されても仕方ない。

ただ撮影不可でも、丁寧な返信を頂くこともできたので

そこからレイヤーさんがカメラマンに対して思っていることを聞くこともできました。

 

今の僕にとっては、

コスプレという今まで関わりがなかった文化や

カメラマンとモデルさんの間であったトラブルなども知ることが出来たり

とても勉強になることが多かったと思います。

 

そして人物撮影の経験がほぼなく、

技術も高いわけではない事を伝えた上でも

それでも承諾して撮影させて頂いた方にはとても感謝しています。

 

 

 

このサイトでモデルさんを見つけることについて

 

※2018年 4月に追記

 

カメラを初めて、ポートレートが撮りたくて始めは

レイヤーさんに一人づつコツコツとモデル依頼のメッセージを送りながら

了承して頂いた方の撮影を行っていました。

 

そこで気がついた事があるので、ここに追記しておこうと思います。

 

併せイベントを探してみる

今でこそ一丁前に併せ(あわせ)とか言ってますが

併せとは、アニメやゲームのキャラクターなどの登場人物をコスプレした

複数人のレイヤーさんが集まるイベントのこと。といえば正解なんだろうか。。

何も知らなかったぼくも色々教えてもらって大分わかるようになってきました!!^^

 

複数人が集まるような併せイベントに参加する方が

一人づつ声をかけていくよりも要領はいいと思います。

ぼくもレイヤーさんが20人以上、

カメラマンが他に3人も集まる併せイベントに参加させてもらったことがあって

その時に気づきました。

 

一度にたくさんの方に声をかけることができるので

それだけたくさん写真を撮らせてもらうことができます。

 

そしてレイヤーさんは撮影してもらったお気に入りの写真は

自身のSNSなどで公開してくれたりもするので、いい写真が撮れたら広めてくれたりもします!!

 

まずは名前を知ってもらえるように

動いてみると後々ラクになってくるかもしれませんよ!

 

 

併せイベントの主催者と仲良くなる

併せイベントの主催しているレイヤーさんと仲良くなることができれば

また次回の撮影も頼まれることは珍しくありません。

 

モデルさんがなかなか見つからないよ…と思うのであれば

はじめのうちは出来るだけたくさんの併せイベントに参加してみてはいかがでしょうか。

ぼくはこの方法でたくさんのレイヤーさんに出会うことができましたし

他のカメラマンとも出会うことができました。

 

この日の撮影お願いされたんだけど

他の予定が入ってるので、もし良ければ紹介しようか?

と、レイヤーさんともカメラマンともお互いに情報交換も出来るので

横のつながりがりがとてもありがたかったりします!!

 

 

 

まとめ

今回モデルさんを探すところから、撮影に至るまで

全て自分で行ってみて、とても良い経験ができたと思います。

 

まだまだ泥臭いというのか…

スマートなカメラマンではありませんが

 

お互いにコミュニケーションを取りながら

モデルさんと二人三脚のように撮影させて頂いた写真は

自分にとってとても大事な初めの一歩となりました。

 

そして今思う事は、

撮影技術の向上も大切な事なんだけど、

それ以上に、相手に安心して撮影に挑んでもらえるように

心がける事の大切さを学びました。

 

これからも少しづつ

ポートレート撮影の経験も積んでいけるように頑張ろうと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です