ライトペイントで作る光!ライトブラシの使用方法とは!?ポートレート撮影記録#009

 

少しづつ暖ったこーなってきたから

夜の撮影もラクになってきたよね〜 ^_^

 

あ!そうそう!!

極寒の中での撮影中に一つ気づいたことがあんねん!!

ファインダー覗いてシャッター切る間だけは寒くないん。

 

 

凄ない!? 

 

「集中してるんやな!」とぇぇようにゆーてくれる人もおるけど

「お前アホやから一つのこと考えたら他事が気にならんのやろ!」

と言われることもありました…。

 

さてさて、

今回はライトペインティングでポートレート撮影に挑戦してみました。

面白い写真も撮れたので宜しければ最後までごらんくださーい!^^

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ライトブラシを使用して撮影した写真

 

 

ライトファイバーで作るブラシの作り方

 

高けぇ!!

ライトペインティングのグッズを一個一個買って集めようとするとまぁ〜高いんだわ。

んで、100均で売ってる商品でなんとか作られへんのかな??

と思って前の記事でも自作のライトブラシを作ってみたん。

まぁ〜ちゃっちぃ感じやけどな。使えればいんや!!

 

もし作り方に興味がある方はコチラから。

100均のライトファイバーの加工方法の紹介

 

 

ちなみに

作るのは面倒臭ぇ!!

という方にはライトペイントグッズの購入できるサイトもあるで!!

値段は💲ドル💲換算やけどな…。

買っても空飛んでくると送料高そうやし、海渡ってくるならめっちゃ時間かかりそうやね…。

もし、購入された方がいらしゃいましたら詳細是非教えてください!

 

 

 

撮影する際のコツやポイントは

 

まずはライトペイント撮影する場合

前提は暗い場所や夜の時間帯に撮影することやな。

カメラは光を記録するわけやから、

真っ暗な中だったらライトを使って好きなよーにお絵描きができるわけやね!!

 

んで今回はライトブラシ使って被写体のモデルさんを

きれいに写そうと思った時にどうすれば良いか考えてみたん。

 

 

失敗写真の解説

 

カメラとモデルさんの間にライトブラシを多く挟んでしまうと

結構ゴチャゴチャしてしまうんね。

特に顔の前に持ってきてブラシをフリフリ光らせてしまうと

あまりいい感じにはならんなと思いました。

 

 

背景の光だけで考えてみる

 

どうしたらぇぇんかをまず分けて考えてみたんよ。

んで、まず被写体のモデルさんとカメラの前にはブラシは持ってこずに背景だけ。

どうやらモデルさんのシルエットがはっきりわかるほうがええかもね。

コツはモデルさんの頭、首、腕とか

輪郭がわかる部分を後ろから照らすつもりでブラシを適当に振り回すんや!!

ちょっと適当に振り回しすぎたかな…。

 

 

前からの光のつくり方を考えてみる

 

背景の時みたいにブラシ全体を振り回すんじゃなくて

肩とか胴体あたりの光を当てたいところに

今度はブラシでなぞるようにしてみたん。

 

んで、顔に関しては

ブラシの光る束を近づけて照らすくらいにしてみました。

なるべくモデルさんの顔の前にはブラシは持ってこーへんように意識やね。

そしたら、ちっとは良くなったんちゃうかな!?

 

 

カメラの設定についてのポイント

ライトペイントをする時には

なるべく暗い場所や夜の時間帯にするほうが光るライトもきれいに写りやすくなるね。

 

今回の写真はシャッタースピードを25秒に設定しとる。

絞りはF4.5で、ISO感度は100

 

ちなみにカメラとレンズの組み合わせは

EOS 5D Mark Ⅲ

 

SIGMA 単焦点レンズ Art 30mm F1.4

 

となっております。

でもそろそろフルサイズ対応の広角レンズ欲しいなぁ。。

 

 

 

ライトペインティングの参考になるサイト

 

スポンサーリンク

 

YouTubeの動画サイトにもInstagramでも

ライトペインティング撮影の様子や作品を公開してる方がいらっしゃいます。

カメラや写真に興味ない方でも面白く見る事ができるかも!!

 

YouTube動画の方では

ライトブラシの使い方の解説動画もあったりするよ!

解説は全部英語やけど、動画を見ながらなら何を説明して言っとるのか

だいたいはわかると思う!!

 

バルブ撮影の面白さが存分に伝わって来るチャンネルだと思うよ!!

興味ある方は下にリンクからご覧ください!!

 

YouTube:LightPaintingPhoto

 

Instagram:lightpaintingbrushes

 

FaceBook:Light Painting Photography

 

 

 

まとめ

 

今回はポートレートというよりライトペインティング撮影で遊んでみた感じかな。

懐中電灯とかペンライトとか、とにかく光ればライトペイントはできる!

使えるもんは色々使ってみて試してみるんもおもろいかもね^^

 

あとは、ブラシとかを使う時には

モデルさんの身体や顔をなぞったり、はたいたりするから

予め説明して了承を得ておく方がいいね。

 

いざ撮影となった時に不快な思いをさせない事もとっても大切な事です!!

今回もモデルさんありがとう!!^^

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です