梅の花と人物撮影!プロカメラマンの添削結果やアドバイスとは!?ポートレート撮影記録#008

 

桜が咲き春真っ盛り!!

めっちゃ気持ちがええ!!

 

2018年の春の初めの方に汗かくくらい暑い日あったやろ?

ちょうどそん時くらいに撮影したポートレート写真なんよね。

んで、数日するとむっさ寒なったよね。

 

さてさて今回は

日本庭園にモデルさんを連れてって、梅の花ポートレートを撮影してきました。

撮った写真やプロカメラマンから頂いた意見やアドバイスも

しっかりお伝えしていこうと思っとります!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

撮影させて頂いた写真

 

1枚目

2枚目

3枚目

 

 

 

何を表現したかったのか

 

前までなら思うがままにポートレート写真を撮ってたんやけど

今はプロカメラマンの集団に囲まれた環境の中に居るもんで

自分で撮った写真を先輩方々に見せる度に、

 

 

「何を表現したかったのか」

 

「撮影した写真を見て自分はどう思ったのか」

 

「どんなストーリーが込められているのか」

 

 

と言うことを毎回ずーっと。。

ほんまにずーーーっと問われます!!笑

 

ということで、

自分なりに表現したかったことを説明するね!!

 

 

モデルの女の子をきれいに撮影!!

まず1枚目の写真なんやけど、

このモデルさんはお顔も整ってて元々美人な方やったやけど

たくさん撮った写真の中でも

いちばん可愛く見えるように撮ろうと考えて撮影した写真がコレ。

 

赤い鳥居を両サイドの緑で囲んで、モデルさんは青と白。

色味とかも考えてこの場所を選んでみました。

 

気をつけたところは

画角がシンメトリーになるよう水平を意識。

 

モデルさんにかけた言葉は
カメラから斜め45度くらいに体の角度を傾けてみてください。
軽く目をつぶり帽子を両手で摘んでください。
耳をすますようなイメージを想像してみてください。

 

補足としては
フルサイズ機5D MarkⅢに
APS-C用レンズのSIGMA art 30mm のレンズを使用。
絞りはF8、シャッタースピードは1/15、感度は ISO 100

 

 

ど〜です?

モデルさんはうまくきれいに撮れとるかな…??

もしよければあなたの意見も聞かせていただけると大変嬉しいです。

 

 

デジタル一眼フルサイズ機とAPS-C用レンズで撮れる写真については

こちらで検証してみました。

もしご興味がありましたらご覧ください。

SIGMA ART 30mm F1.4 DC HSMとフルサイズ機でポートレート撮影!!

 

 

 

自然光の光で柔らかく春を表現!!

んで次の2枚目の写真やけど

天気がぇぇ日やったんでもちろん自然光でも撮影してみた。

ストロボも好きやけど、最近は日中の自然光の中で

カメラとレンズのみで撮る写真もめっちゃ好き。

 

モデルさんにかけた言葉は
花びらに触れながら愛でる(めでる)感じで〜
そうですそうです!!慈しむ(いつくしむ)感じです〜!!
(笑かしにかかったつもりやったけど、そこまで笑ってくれんかったわ…( •́ฅ•̀ )rz)

 

補足としては
フルサイズ機5D MarkⅢに
SIGMA art 85mm のレンズを使用。
絞りはF1.4、シャッタースピードは1/800、感度は ISO 100

 

でも、シャッタースピードは完全に低かったわ。。

ちなみに現像前の写真を見せるとこんなんや!

 

 

思いっきりぶっ飛とばしてもーとる!!

 

現像で1段下げたので、

僕の中の適正露出ならシャッタースピードをを1/6400にすべきやったな。

 

 

モデルさんをクールにかっこよく!!

最後の3枚目の写真やけど

モデルさんをかっこよく撮ることを狙って撮影してみました。

気温も高かったので、

温度感も表現できたらいいなと考えてモデルさんにはシャツ一枚になってもろた。

こちらも春らしく背景には梅の花と青空で撮ろうと決めました。

 

モデルさんにかけた言葉は
あの木の上の方を見ててください!
太陽の位置はサイド光(なんならちょい逆光)やけど
あ〜まぶしいな!!って感じで左腕を上げてみてください!
今度の表情は笑わずちょっとクール目でお願いします!

 

 

補足としては
こちらもフルサイズ機5D MarkⅢ、SIGMA art 85mm のレンズを使用。
絞りはF1.4、シャッタースピードは1/125、感度は ISO 100
ND8フィルターを2枚重ねで付けているので、
実質のシャッタースピードは6段下の1/8000ということになるね。
んで、モデルさんの右前斜め45度くらいから
ストロボ直当て、光の強さは1/1のフル発光。
モデルさんとストロボまでの距離は約1.5m。

 

 

スポンサーリンク

 

 

一般の方の感想とプロからの意見

 

一般の方から頂いた意見

知人だったりぼくの写真を見て頂いた方には

 

このモデルさんかわいい!

 

きれいな写真やな!!

 

と言ってくださる意見が多かったんやけどね。

 

「モデルさんかわいい」は、モデルさんが褒められてるわけで

特に写真を褒められている訳ではない事に後で気づきました!笑

でもぼくもこのモデルさんの3枚目の写真がかっこいいと思ってるしとても好きな一枚です。

 

 

プロカメラマンの添削

この3枚目の写真をプロのカメラマンに見せるとどうなるのかというと…

 

モデルの背景がごちゃごちゃして非常に気になる。ポーズが鼻につく。

「カッコよく」を狙っての下からのフレーミングは正解。

しかし、表情がマッチしていない。

 

また別の方の意見では、

女性が脇を見せる時に感じさせるエロティック感が

この写真からは伝わってこない。

こういうポージングをとらせている割にはエロさが足りない、むしろ下品。

 

という事です!!笑

なんかここまで言われると清々しい気分ですわ!!

 

 

 

プロカメラマンからのアドバイスとは

 

はじめたばかりなので

道具の使いこなしに目が行ってしまいがちなのは仕方ありません。

技術的には悪くは無いのですが、

表現にあってるかどうかを今後学んでください。

 

「撮影の目的」

 

「そのための表現方法」

 

「そしてそれに必要な機材」

 

この順序でいつも思考を忘れずに。

 

はい、忘れずに意識して撮影するように致します。。。

 

 

まとめ

 

一眼レフカメラを初めて、この4月で丁度1年経ちましたよ!!

ポートレート写真を撮りたいけど

ポートレートモデルさんってどうやって探したらえんや!?

から始まって、今ではプロカメラマン集団から

色々意見を聞かせてもろたり、アドバイスまで頂く事が出来るようになりました。

さて〜

カメラ歴2年目が過ぎる頃にはぼくはどうなってるんでしょうかね〜!

 

そして最後に今回のモデルさんにも本当に感謝です。

ありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です