自然光で優しい写真へ!大事な気づきとは?ポートレート撮影の記録#004

 

コツコツ進めているポートレート撮影だけど

今回の撮影では撮影以外のことも色々考えることが多かった撮影だった。

 

何かの記念に撮る写真やきれいな姿を残すための撮影が多かったんだけど

それ以外にも、個人それぞれの覚悟や、大事なそれに臨む前に撮る写真なども

あるんだなと知りました。

 

ぼくはまだ撮影技術は拙く

手探りで進めているような状態のカメラマンだけど

しっかり応援する気持ちも込めて撮影できたと思います。

 

個人の事情などを詳しく書くつもりはないから

なんのこっちゃ!?かもしれないけど

今回は第4回目となるポートレート撮影の記録をレビューします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

撮影させていただいた写真

 

 

 

 

 

今回の撮影での課題と反省点

 

 

自然光をうまく使う

当日の天気は曇り空だったので、良い具合の明るさで撮影することができたんじゃないかな。

モデルさんの優しそうな雰囲気にも合ってて、柔らかい感じの写真に仕上げれたと思うんだよね。

 

やっぱり自然光を使って撮影する時は建物の影になっているところや、

木や葉がたくさんあって日光が直接当たらないところを見つける方が良いね!!

 

自然光を使った撮影は以前のポートレート撮影記録で感じたことだけど

直射日光はきつい影もできたりするし、光もどちらかというと好きじゃない。

柔らかいきれいな光を使って撮影できたらもっと良い写真が撮れると思ったの。

 

具体的に自然光が綺麗な場所はどんな所なんや??

って思ってる方は、こういう動画を参考にしてみると分かりやすいかな。

 

公園はこんなに生い茂ってはないけど

僕もこういう感じの所を見つけて撮影してみたよ。

 

綺麗な自然光の選び方 (イルコさんのYouTube動画)

 

 

 

 

三分割構図で撮影

ぼくは日の丸構図が大好きなんだけど、

今までそればかりだったからもう少し構図も考えて撮影してみようと課題をたててみたんだけどね。

 

実際に三分割構図を意識して撮影してたんだけど、

気がついたらどんどん日の丸構図の写真に戻っちゃってたよ。。

 

( •́ฅ•̀ )

 

日の丸構図は何を一番見せたいのか分かりやすくて好きなんだけど

構図についてはもっと引き出しを増やしていかないとね!!

 

ちゃんと狙って三分割構図が当てはまった写真が撮れたら

同じ写真でもちょっとおしゃれな感じの写真にもなっちゃうから

積極的に挑戦していきたいところやね!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

気づいたこと

 

ポージングについて

いつも撮影する時には、言葉でも伝えるんだけど

ぼくもモデルさんと一緒にポーズをとって

鏡に映ってる様な感じでやってみてね!!って伝えてるんだよね。

 

あまり大胆なポージングを要求したりすることはないんだけど

一緒にポーズをとって伝えることで分かりやすく伝えれてるかなって思った。

 

あとね、一緒にポーズとってみることの良いところは

撮影始め、まだモデルさんが緊張してたりぎこちなかったりする時に

こっちが真顔でポーズとったりすると笑わせることができたりするよ!!

 

そうなってくると、どんどん良い写真が撮れたりするから

ポージング伝えることに悩んでたり

モデルさんリラックスしてほしいな…なんて思ったりする時には試してみてね。

 

 

一番大事なことかも!!

今までなんとなく薄々は気づいてた事なんだけどさ。

撮影が始まったら、ぜーったいに笑顔でいようと思ったの!!

ポートレート撮影するカメラマンは特にそうなのかもれないよ。

 

撮影してカメラのモニターで撮れた写真確認するでしょ!?

んでさ、内心ではさぁ。

 

あぁ、イメージとなんか違うんだけどな…

笑顔無理やり作ってるんだな…

 

とか、とかいろんな事考えたりしますやん!?

そうじゃない!?(笑)ぼくだけじゃないよね…。

 

でもね、モデルさんって

シャッターを切ってモニターで撮れた写真を確認している

カメラマンの表情を結構見てると思うんだよね。

 

だからマイナスなことを感じても絶対に表情には出さないで

にこにこしてる方がモデルさんにも安心してもらえるかなって思うんよね。

 

逆にイメージ通りのが撮れて本当にきれいな写真が撮れた時は

撮れたーっ!!って言いながらモデルさんに画面見せに行くし

見せてかっこいい!!って喜んでもらえると、こっちも嬉しくなるし

どんどん好循環で良い写真がたくさん撮れると思ったよ!!

 

あ、ちなみに逆バージョンの、画面見せた時に

モデルさん《なんか違うけど…かっこいいって言っておこう…》の

反応も分かるようになってきました。。苦笑

 

だからイメージ通り上手く撮れない時にも、機材トラブルがあった時も

常に撮影中は笑顔でいようと思ったんだよね。

これ、結構大事なことなんじゃないかなって思ったよ!!

 

 

まとめ

 

毎回だけど、まずモデルさんに感謝です。

これから頑張らなきゃいけないことも応援していますよ。

今の自分ができる撮影技術と全力の気持ちで精一杯撮影させていただきました。

本当にありがとう!!

 

あとはそうだな…

たぶん「画角」とか「カメラの設定」とか、

そんなことより安心して臨んでもらえる環境や雰囲気を作ることの方が

ポートレートカメラマンとして一番大事なことなんだろうなって思ったよ。

 

結局はコミュニケーションに尽きるのかもしれないけど

そこが上手にできるようになると

ぼくみたいに特に撮影技術が高いわけでもないカメラマンでもすてきな写真は撮れる!!

と確信したポートレート撮影となりました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です