ぐるぐるボケがかっこいい!!ロモグラフィーのペッツバールレンズ!

ポートレート(人物撮影)撮影をされる方なら一度は

 

試してみたい!!使ってみたい!!

 

と思われる方もきっと多いハズ!!

 

いやーコレはぼくも欲しいなー!!

 

さてさて今回は

ぐるぐるボケ

表現できる数少ないレンズのひとつ

ロモグラフィーの

ペツバールレンズについてのおはなしです!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

New Petzval 85 Art Lensの特徴

 

ペッツバールレンズの特徴は

何と言っても絞らず解放で撮影したときの

背景に渦巻く強烈なぐるぐるとしたボケが一番の特徴です。

 

写真中央の明瞭な範囲に

自然と見る人の目を強く引きつけることができるので

ポートレートを撮影するには最適なレンズのひとつです!!

 

このレンズは1840年にウィーンで、

ジョセフ・ペッツバール博士によって発明されたとされています。

そして、

ペッツバール式レンズの設計や

このどぎつい外観のデザインなどを継承して、

現在のデジタル・フィルムの両カメラに装着できるよう

発売されたのが現在のこのレンズになっています。

 

レンズの一つ一つが全てハンドメイドで作られていて

生産にも時間がかかるのだそうです。

 

 

どんな写真が撮れるのか?

出典:www.shop.lomography.com

 

出典:www.shop.lomography.com

 

出典:www.shop.lomography.com

 

解像度という点では、いまどきのレンズには敵いませんが、

やっぱり絞り開放での周辺の

ぐるぐるとしたボケ感はとても美しいです。

 

絞り開放で撮影した際には周辺減光がみられますが

主にポートレート撮影に向いているレンズなので

 

一番明るい被写体に目を向けたい!!

 

と思う撮影者には都合の良い周辺減光なのではないかなと思います!!

 

 

 

どのカメラでも使えるの??

 

Petzval 85 Art LensはNikon Fマウントと

Canon EFマウント用のレンズが発売されているので、

ニコン、キヤノンの一眼レフカメラであれば使えるということです。

 

また、オートフォーカスなどの機能は付いていないので、

完全マニュアルでのピント調節をする必要があります。

 

動く被写体をマニュアルフォーカスで追いかけて

撮影するのは、あまり向いていないので

やはりポートレート向きのレンズということになると思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

どこで買える??

今までロモグラフィーの製品は

主にヴィレッジ・ヴァンガードなどの雑貨店での販売が中心となっていましたが、

このレンズの発表を機に、

カメラ専門店などで販売もどんどん広がっていくかもしれません!!

現在はロモグラフィーのホームページから購入することができます。

 

 

ロモグラフィーのホームページはこちらです

 

New Petzval 85 Art Lens – Canon EF Mount

www.shop.lomography.com

 

New Petzval 85 Art Lens – Nikon F Mount

www.shop.lomography.com

 

 

ぐるぐるボケがきれな他のレンズも紹介

 

こちらは、人物写真家の

Ilko Allexandroff(イルコ・アレクサンダロフ)さんが紅葉の時期にだけ使う

ぐるぐるボケが綺麗なレンズです!!

 

出典:www.ilkoallexandroff.com

 

Helios 40-2 85mm f/1.5 Canon キャノン EF EOS マウント

 

エリオス Helios 40-2 85mm f/1.5 ニコン NIKON AI F 用 マウント

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です