ポートレートモデルさんのフィードバックから学んだこと

 

こんにちは。ミヤタケヨシノブです。

ご覧下さりありがとうございます。

 

このYouTubeでは、ぼくがポートレート撮影をしてきたなかで

「挑戦したこと」「失敗したこと」「その失敗に対して工夫したこと」などを

シェアしていきます。今後とも宜しくお願いします!!

 

 

前回の動画内容

 

前回の動画では

モデルさんのフィードバックから学ぼう!というテーマで

お話ししてみました。

 

「失敗点」や「改善点」を自己分析するのも大切だけど、

モデルさんから意見や感想を聞いてみるのもいいかもしれません。

という内容でした。

 

今回は

実際にぼくがモデルさんから頂いたフィードバックで

改善させて良かったと思う内容をいくつかシェアしてみようと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

この動画の対象者について

 

前回に引き続き、0から始めるポートレートということで、

 

・ポートレート撮影を始たいと思ってる方や

・ポートレート撮影を始めたばかりという方は

 

前の動画も含めぜひ参考にしてみてください!

 

 

スポンサーリンク

 

 

モデルさんに撮影依頼に関するフィードバック

 

まずひとつ目に、撮影する前のことです。

 

モデルさんに撮影依頼する時に頂いたフィードバックで

「内容を明確にしてほしい」という意見がありました。

 

これは、前の動画で、ぼくの失敗談としてシェアした内容ですね。

【ポートレートモデルさんへ撮影依頼するときにした失敗と改善】

 

 

フィードバックを頂いてからは、

撮影の依頼をする時に、

撮影したいです!!モデルやってくれませんか!?

 

ではなくて

撮影したい内容を、なるべく分かりやすく伝えるために

イラストやサンプル写真を使って説明するようにしました。

 

 

今でもテンプレートを使って撮影内容を分かりやすくまとめる工夫をしたり、

モデルさんからの不明点や不安点なども出来る限り事前にクリアにするようにしています。

 

内容を明確に伝えることで

モデルさんから撮影の了承は得られやすくなりました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

撮影時に関するフィードバック

 

次に撮影時についての

フィードバックで頂いた意見をいくつか紹介してみようと思います。

 

・写る部分を教えて欲しい

まずバストアップで撮影しているのか、

上半身なのか膝上なのか、それとも全身なのか。

撮るときに教えて欲しい。という意見です。

 

確かに撮られる方の気持ちを考えたら分かった方がいいですよね。

 

僕もそう思いました。

 

モデルさんから見て、

今24mmのレンズついてるし、この距離だったら多分膝上のカットだろな!!

とはなかなかならないと思います!!

今では、じゃ上半身でいきましょう、次は膝上のカットで撮っていきますね!など

伝えながら撮影するようにしています。

 

・撮影した写真を見せて欲しい

次に気を付けたのは、

時々でいいので、撮影した写真を見せて欲しい。という意見です。

 

このフィードバックをもらってからは

モデルさんにも撮影した写真をちゃんとみてもらう時間を作るようにしました。

 

撮った写真を見てもらうようになってからは、

モデルさんも、喜んでくれたりモチベーションも上がるんだなと

感じることも結構ありましたし、

ポージングとかのすり合わせとかにも、

写真をモデルさんと一緒に見ながら考えたりすることも増えました。

 

・撮影機材の説明とかも聞いてみたい

それから撮影の時に、

その機材は何のために使うのか(ソフトボックス、アンブレラとかもね。)

なぜストロボを真後ろに置くのかなど、撮影しながら機材の事も聞いてみたかった

という意見もありました。

 

実際にこのモデルさんも、今はカメラマンとして撮影もしているみたいなので

興味があるようでしたら機材の話しをしながら撮影するのもいいかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

モデルさんに聞いた嫌だった撮影

 

では最後に

モデルさんに撮影で嫌だったことってどんなことですか?

と聞いてみた時に複数あった意見も紹介してみようと思います。

 

 

・ポージングの指示の時などにやたら身体に触れてくる

・休憩を取らせてくれない

・撮影よりおしゃべりの時間の方が長かった

・撮影した写真をもらえなかった

 

はい、こんな感じです。

 

「やたら触れてくる」という意見なんですが

皆さんは撮影の時モデルさんに触れる事ってありますか?

ぼくは、服とか、髪を直したりする時にモデルさんに触れた覚えがありますが、

その時でも

「ちょっとここ直したいんですけど触ってもいいですか?」って

聞いて了承は得ているので、不快に思われてることはないかな…と思います。

ちなみにポージングの指示の時は、

ぼくはモデルさんと一緒にポーズを取って伝えるようにしています。

 

そして次の

「休憩を取らせてくれない」という意見と

「撮影よりおしゃべりの時間の方が長かった」という意見は、正反対の意見ですよね。

モデルさんの体調や疲れも気にしながら

なるべく負担が掛からない様に休憩は必要だと思います。

おしゃべりの方が撮影の時間よりも長かったという意見ですが

モデルさんとコミュニケーションがしっかり取れて話しも盛り上がったなら、

まだ時間があるなら、お話ししながらでも撮影もしたら良かったのにと思ってしまいました。

 

最後に、

「撮影した写真」がもらえなかったという意見ですが

間違ってフォーマットしてしまったとかなんでしょうか。

もしくは、頑張ったけどいい写真が撮れてなかった…とかなんですかね。

どちらにしても、モデルさんも一緒に頑張ってくれたはずなので

送ってあげてほしかったですね。

皆さんは撮影した写真はモデルさんに全部渡しますか?

ぼくは目つぶりとか微妙なカットは省きますが、大体全部渡す事が多いです。

 

 

前回も少しお話ししてみましたが

「モデルさんが嫌だと思うこと」については

ぼくらカメラマンも気を付けなければならないこともあります。

 

人の振り見て我が振り直せじゃないですけど、参考にしてみるのもいいかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

もらった意見や感想を、全部を鵜吞みにする必要はないと前回言いました。

ただ、自身の改善点などの見直しの際に

モデルさんからの意見を参考にしてみるのはアリだと思います。

 

 

動物、風景、星系、鉄道、写真のジャンルも様々ですが

人物写真の撮影は唯一ミュニケーションが必要なジャンルです。

撮る側も被写体側も、お互いが気持ちよく撮影できるように気を付けたいですね。

 

 

今回は、実際にぼくがモデルさんから頂いたフィードバックで

改善させて良かったと思う内容をいくつかシェアしてみました。

前回に引き続き、

0から始めるポートレートということで、

これからポートレート撮影を始たいと思われてる方や、

ポートレート撮影を始めたばかりという方は、

前の動画も含めぜひ参考にしてみてください!

 

最後までご覧くださりありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください