マーク・レイ homme less カメラマン

 

映画「ニューヨークと寝た男」で有名になった

Mark Reay(マーク・レイ) さん。

ニューヨークのファッションモデル兼フォトグラファー、

Mark Reayさんのライフスタイルに密着したドキュメンタリーでした。

 

僕は気になったカメラマンの使用しているカメラや機材についても

どんなものを使用しているんだろうと気になったりするのですが、

Mark Reayさんの場合は、

映画の事について書かれているサイトは多いのですが、

機材についてはなかなか詳しく書かれてなかったので、自分なりに調べてみました。

今回はMark Reay さんが使っているカメラや機材について探っていきたいと思います!

スポンサーリンク

 

Mark Reay さんの使っているカメラはなに?

 

見つけました!!

Mark Reay さんが使っている一眼レフカメラはこちら。

CanonのAPS-C機の中の上位機種ですね!

ファインダーを覗いた時の明るさも人気のひとつです。

性能についての評価も高く、

今から一眼を始める方が購入しても長く使っていけるカメラとなっています。

オートフォーカスの追従性は評判が良く、野鳥撮影や、航空機撮影などをされたい方にオススメ

 

 

Mark Reay さんの使っているストロボはなに?

 

先ほどの写真では良くわかりませんでしたが、こちらも見つける事ができました!!

よく見てみると、「580EX Ⅱ」と書かれてあります。

防塵・防滴化を実現したフラッグシップストロボなようです!

発光のチャージ時間は早く、ストロボを使ってという撮影条件ではストレスを感じずに撮影が可能とのこと。

フル発光(1/1)では3秒弱間隔、1/2発光では1秒弱間隔で発光可能!!

全自動ストロボ撮影ではカメラの設定に合わせて自動調光してくれるので外部ストロボ初挑戦でも安心です。

 

Mark Reay さんの使っているソフトオックスボはなに?

 

ソフトボックスはPHOTOFLEXのものを使用されているようです。

見た感じはとても小さいソフトボックスのように見えます。

人の多い場所でできるだけ邪魔にならないようにと考えて小さいものを選ばれているんでしょうね!

スポンサーリンク

Mark Reay さんの使っているレフ版はなに?

 

大勢のカメラマンの真ん中にいるMark Reay さん。

よく見ると、腰のあたりにレフ版のポーチをぶら下げています。

こちらも調べてみるとCalumet から出ているレフ版であることがわかりました。

幾つか種類もあるようです。

 

※Calumet Photographic について

もともとはシカゴに本社を置く写真小売、写真仕上げ専門店でした。

アメリカに15店舗、イギリスに8店舗、ドイツに6店舗、オランダに2店舗

そしてベルギーに1店舗ありましたが、

2016年1月に全ての店舗が閉店しているようです。

 

Mark Reay さんの使っているカメラレンズはなに?

 

このレンズ、一眼レフカメラで写真を撮られている方は見たことがあのではないでしょうか。

こちらは、Canon 標準ズームレンズ EF24-105mm F4L IS USMです!

日常的に一番良く使う焦点距離をカバーし、絞りもF4通しなので、

うす暗いシーンでもそこそこ使えるオールマイティに使えるレンズです。

中古レンズも多く販売されており、5万円前後で手に入れることが可能です!!

 

Mark Reay さんはどんな写真を撮るのか?

出典:www.instagram.com/markreay66

Mark Reay さんもインスタグラムをされているようで、

こちらで撮った写真をいくつか見ることができます。

映画の中でも撮られているように、主に作品は「人」を撮られているようですね。

真正面からストレートにモデルを撮影した写真が多いとおもいます!

 

まとめ

Mark ReayさんはCanonユーザーのようですね!

カメラ、レンズ、ストロボはメーカを統一されています。

もしかしたら、他にもいろいろ使っているのかもしれませんけどね。

サードパーティの機材については、

今回調べてみるまで知らないメーカのものばかりでまたひとつ勉強になりました!!

しかし、他のプロのカメラマン達も

使用している機材は本当にバラバラですよね。

最終的には、機材じゃなく自分の感性と腕なんだよ!!って言われているような気がしてきました…

 

Mark Reay さんについての他の記事もぜひどうぞ。

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です