レンズフードの役割や注意点とは?

皆んなのには付いているのに、自分のには付いていない…

しかも、あれが何か分からない…

なんかパンツを履いていないような恥ずかしい気持ちになってくる…

 

勇気を出して、「すみません、、そのカッコイイやつ、なんですか!?」

と質問したところから、笑われながらも色々教えて頂く事ができ

レンズフードというものの存在を知ることとなりました!

 

 

スポンサーリンク

 

 

と、言うことで今回はレンズフードについて学んでみました。

 

【勉強ノート】

レンズフードの役割と使い方

 

・レンズフードは
 撮影時に使用することでレンズに『有害光』を遮る効果がある。

・レンズフードを
 装着した写真は光を綺麗に取り入れてハッキリ色を出すことができる。

・レンズフード未装着の写真は光を多く取り入れて
 色が飛んでしまう事がある。

 

《レンズに入った有害な光》

 

 

フレアとは、太陽光の強い光がレンズに入ると発生する現象。
 画面が白っぽくなるシャープネスの低下コントラストの低下

 

ゴーストとはフレアの一種
レンズの中に入った光が反射を繰り返し光の像となったもの。



逆にゴーストを
意図的に画面に入れて
表現として活かす方法もある

 

 

レンズフードを装着することで、
ある程度は防止することができるようになります。
ただし、レンズフードが遮ることのできる光は、
サイド光や、真上からの光だけとなる。
そして、正面からの光(逆光)は遮ることはできない。

 

レンズフード装着時の注意点

・装着するレンズにあった径のものを選ぶ.
 純正品を選ぶと間違いはなさそう。

・レンズに合っていない、
 もしくは互換性のフードを装着した場合、
 写真にフードが写り込んでしまう「ケラレ
 という現象が起きてしまう可能性がある。

 

《ケラレとは》

写真の四隅にレンズフードが写り込んでしまっている写真


(写真はCanonさんからの引用)

 

 

スポンサーリンク

《まとめ》

他にも、強い光を遮る効果以外にも

私のような初心者には

レンズを物理的な衝撃や、

手が当たってしまうことから守ってくれることもあるようです。

 

しかし、レンズフードつけると

カメラの見た目もカッコ良くなっていいですよね!

 

撮影する際に、構図もちゃんと考えるようになりましたが、

これからは光の向きや強さなども意識して撮影に臨めそうです!

これからはフードちゃんと手に入れて使っていこうと思います!!

 


 

レンズフードについて参考になったサイト

【デジカメ女子カメラレッスン】 難しい言葉が出てこなくて、読んでいてとても分かりやすい説明でした。
 カメラ教室でインストラクターをされてるコンプルさんのブログより

レンズフードって必要?付ける意味と効果

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です