カメラ初心者にもオススメの単焦点レンズは?

 

カメラと一緒についてきたキットレンズを使って今まで撮影していましたが

今回ようやくぼくも初のカメラレンズの購入しました!

 

カメラ屋さんに行って、いくつかのレンズを試させてもらい

Amazonで購入したのは内緒です。

 

 

SIGMA 単焦点標準レンズ Art 30mm F1.4 DC HSM

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM

 

この2つは、

私のようにカメラを初めた初心者で、

単焦点レンズを使ってみたいと思われている方にはとてもオススメのレンズだと思いました!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

おすすめの単焦点レンズ Art 30mm F1.4 HSM

 

 


Art 30mm F1.4 DC HSM の特徴

 

最大の特徴は、

解放F1.4という強烈な明るさ

インパクトのあるボケと描写性のあるレンズ。

スナップ、ポートレート、風景など、撮りたいものを

しっかりときれいに撮影することができます。

SIGMAの「Artライン」と呼ばれるプロダクトラインのひとつで、

レンズ自体のルックスもとてもカッコいい!

重量については、435gあり、ズッシリとしている。

APS−C専用レンズなので、フルサイズのカメラには使えない。

購入時には

レンズと、レンズケース、フードがセットになっている。

 

 

 

SIGMA 単焦点標準レンズ Art 30mm F1.4 DC HSMの販売はこちらで確認できます。

 

 

 

このレンズを使ってポートレート撮影をしています。ご興味がありましたらごらんください!!

SIGMA ART 30mm F1.4 DC HSMとフルサイズ機でポートレート撮影!!

 

 

 

 

おすすめの単焦点レンズ EF 50mm F1.8 STM

 

 


EF 50mm F1.8 STM の特徴

 

オートフォーカスでは、ギアタイプのSTMを採用し、

静かでなめらかなピント合わせが可能

 

単焦点レンズらしいコントラストと解像感の高さ、

開放絞りF1.8を生かした大きなボケ味が特徴。

焦点距離50mm付近の単焦点レンズなので、

実際の目で見ている状態で撮影ができるので、構図も考えやすい。

値段も安くフルサイズカメラにも対応している!

重量も160gと、とても軽量!

フードは別売り。

 

 

スポンサーリンク

 

 

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応の販売はこちらで確認できます。

 

 

まとめ

《SIGMA 単焦点標準レンズ Art 30mm F1.4 DC HSM》

《Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM》

実際にカメラ屋さんで撮影してみた感想は

どちらのレンズもよくボケて明るい写真を撮ることができました。

見た目や重量、値段の違いはあるけど

初心者にとってはどちらを選んでも、

キットレンズからのステップアップになるレンズとして充分に良いレンズだと感じます。

 

単焦点レンズはズームが出来ないという特徴があり、

自分自身が被写体に近寄ったり、離れたりと動いて構図を決めないといけませんが

写真を撮る練習にもってこいのレンズです!

 

明るくきれいな写真を撮ることができる単焦点レンズ。

もし、私と同じようなカメラ初心者の方で、

単焦点レンズの購入を検討されていらっしゃる方は是非検討してみてはいかがでしょうか。

これは、ますます写真を撮るのが楽しくなりますよ!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

追記 2017.8.10

シグマからの注意

 

シグマは、
一部のシグマ製レンズとキヤノンのデジタル一眼レフカメラ
「EOS 6D Mark II」「EOS 9000D」「EOS Kiss X9i」「EOS Kiss X9」の
組み合わせで、エラーが発生する現象を確認したと発表した。 
同社によれば、
「レンズ光学補正」機能を「する」にしてライブビュー撮影すると、
エラーが発生するとのこと。
そのため、対象レンズを使用する際は、
「レンズ光学補正」機能を「しない」に設定するよう呼びかけている。 
対象レンズは、
「SIGMA 30mm F1.4 DC HSM | Art」
「SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art」
「SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM」
「SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM」
「SIGMA 85mm F1.4 EX DG HSM」。 
なお、シグマ製レンズでは、カメラ本体の
「レンズ光学補正」機能の
「周辺光量補正」「色収差補正」「回折補正」および「歪曲収差補正」は
使用できないとして、撮影の際は、
これらの補正機能を「しない」に設定するよう案内している。
補正機能を「する」にして使用すると
「正常な撮影画像にならない場合がある」ことから、注意を呼びかけている。 





追記 2017.12.12

SIGMA 単焦点レンズ Art 30mm F1.4 DC HSMをフルサイズ一眼レフで使用時に関する記事

 

改めて上の写真見て実感したんですけど、

写真を撮り始めた時より少し上達したなぁ〜と自分でも思いました^^

 

このSIGMAのレンズをフルサイズで使用するとどうなるのかをまとめてみました。

もし気になっていらっしゃる方がいましたら、ぜひご覧ください!!

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です