TVアニメ刻刻!!永遠の6時59分!!写真で表現した世界は…??

 

アニメって観たりしますか?

ぼくは特に深夜アニメにハマることが多いんですよね!!

時間的に見逃すことも多いんだけど

最近はインターネットでいつでも観る事が出来るようになったので

とても助かってます!!便利な世の中になりましたね!!

 

今回はハマってしまったTVアニメ刻刻の紹介です。

んで、自分なりに

カメラを使って刻刻からのインスピレーションを表現してみました。

 

この記事を見た方に刻刻の何を表現したのか

うまく伝わればいいのですが…どうでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

刻刻〜永遠の6時59分

 

ことの始まりは

主人公(佑河 樹里)の甥っ子(まこと)が誘拐されちゃうの!!

 

犯人から身代金要求の電話がかかってくるんだけど

受け渡し期限まで30分しかなくて一家がパニックになるんだけど

じいさん(祖父)が、

佑河家に代々伝わるという止界術ってのを使って時間を止めてしまうんだよね。

人も物も何もかもが止まった止界で救出へと向かうのがストーリーのはじまり。

 

止界(しかい)っていうのは、止められた時の中で世界のことなんだけど、

霊回忍(たまわに)と融合することで止まった時の中でも動くことができるのね。

 

霊回忍(たまわに)っていうのはクラゲみたいな霊のことで

逆に体内から追い出されると動けなくなっちゃうみたい!

 

あまり詳しく内容を書いちゃうのもどうかなと思うので簡単な紹介だけね!!

 

もう既に刻刻を知ってる方もまだ知らない方も

一度観るとストーリーにひき込まれて止まらなくなると思うよ!!

 

僕は早く次が見たくて仕方ありません!!

 

 

 

 

TVアニメ「刻刻」公式サイトはこちらです。

http://kokkoku-anime.com/

 

 

 

Amazon Primeの会員の方はこちらからも観ることができますよ!!

 

 

 

刻刻の作者はだれ?アイディアはどこからきたのか!

 

作者は堀尾省太(ほりおせいた)さん。広島県出身の漫画家さんです。

連載デビュー作の「刻刻」で一躍注目を集めました。

刻刻はマンガ大賞2011にもノミネートされたようで多くのファンを集めています。

 

刻刻のアイディアはゲームのSIRENから思いついたんだって!!

小さな田舎の村でゾンビになった村人達から逃げるホラーテイストのゲームだよ。

 

古いゲームだけどSIRENがどんなゲームか知らない方、当時のCMを見たい方はコチラ↓↓↓

怖いのが苦手な人は是非ご覧ください!!

ちなみにぼくの最近のマイブームは毎晩お布団の中でYouTubeの怪談朗読を聴きながら寝ることでーす!!

 

 

 

 

時間を止める止界術と時間を切り取るカメラ

 

僕らは現時点ではまだ時間を自由に止めるような術は使えないけど

その時間の瞬間を切り取ることはできます。

二度と戻らない楽しかった思い出や記録などをカメラで切り取ることで残すことができるよね!

 

刻刻の世界感にあるような

ピタッ!!と時間が止まったような写真を撮影しようと思ったら

カメラのシャッタースピードの設定を早くする事で表現する事ができるのね!

 

シャッタースピードっていうのは

レンズを通ってカメラの中に取り込む光の時間を調節する設定なんだけど

速くしたり遅くしたりすることで幻想的な写真になったりドラマチックにもなるんだよ!!

 

例えばシャッタースピードを速く設定して撮影すると

特定の形のない液体とかは刻刻の世界のようになってなんだか神秘的に見えるね。

 

ぼくの好きなポートレート写真はこんな風に撮影すればとってもオシャレになるけど

実際に時間が止まった人を止界のように間近でみるとかなり不気味だろうね…

 

 

 

 

 

逆にカメラのシャッタースピードの設定を長くすると

川や滝の場合だと、滑らかな流れを表現する事ができるよ!!

 

 

カメラのシャッタスピードを変えることによって

しぶきの瞬間をとらえたり、滑らかな流れを表現したり

人間の目では見る事ができないものを写すことができるんだね!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

刻刻からインスピレーションを受けて撮影してみた

 

堀尾省太さんはホラーゲームのSIRENからインスピレーションを受けて

刻刻のアイディアが生まれたんだね!!

 

ならぼくは刻刻を観て受けたインスピレーションでどんな写真を撮ってみようか。

 

1話、2話を見終わった時は

高速シャッターを活かした写真で刻刻を表現してみようかなと思ったんだけど

3話、4話と観ていくうちにイメージするものがどんどん変わっていって

最終的にはこうなりました。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

どうだろう…うまく刻刻が表現できてますか…??

しかし自分で自分を撮影するって難しいですね。

今度は誰かモデルさんに頼もうと思いますw

 

 

SIREN(ホラーゲーム)から刻刻(アニメ)へ。刻刻(アニメ)から写真へ。

 

こんな風に色んなものからインスピレーションを受けて

自分なりの表現で表してみるのもなかなか面白いなって思ったよ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です