iPhone 8 iPhone X のカメラの特徴と進化した機能

 

iPhone 8》《iPhone 8 Plus》《iPhone X

先日、新しいiPhoneが発表されました。

色々なことがすべて手の中でできるスマートフォンなわけですが、

今回は僕が気になっているカメラ機能についてみていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

iPhone 8 のカメラ機能について

イメージセンサーが進化しました。

具体的には、

暗いところでのオートフォーカスが今までよりも早くなり

ノイズも低減される見込みがあります。

 

画面の後ろ側のカメラ(アウトカメラ)の画素数は

12M(1200万画素)という点と

使用されているレンズはF1.8という、

明るくないところでも、

撮影時にどれだけ明るく撮影できるかという事を表せる

数字はそのままとなっています。

 

もしF値について詳しく知りたい方がいらっしゃいましたら

こちらをぞうぞ。

 

 

iPhone 8 Plus のカメラ機能について

 

iPhone 8 Plusについては、iPhone 7 Plus のときと同じように

本体にカメラが2個(デュアルカメラ)付いています。

デュアルカメラを使って

背景をぼかすポートレートモードも

よりシャープに背景はより自然にボケるようになりました。

 

 

ちなみに、

iPhone 7 Plus 、iPhone 8 Plus どちらについても望遠レンズ側はF2.8。

広角レンズ側のみの手ブレ補正となっています。

 

 

iPhone X のカメラ機能について

 

 

こちらも7Plus、8Plusと同じく2つカメラがついていますが、

iPhone Xの場合は、縦並びになっています。

画素数も12M(1200万画素)と同じです。

新しくなった点を挙げると、

望遠側のカメラにも光学式手ブレ補正が付き、

使用されているレンズもF2.4と若干明るくなりました。

この進化によって、

暗いところでの望遠撮影が更に撮りやすくなっていくのだと思います。

 

ポートレートライティングとは?

 

人物を撮影する時に光の量を自動で調節してくれます。

今までのように、

逆光で撮影すると、暗く写ってしまっていた写真が、

デジタル処理することができるようになり

人の顔が明るく見えるようにコントロールしてくれるようになります。

 

 

通常だと、逆光で人物を撮影すると暗くなってしまいます。

 

 

 

用意されているライティングは5種類。

  《自然光》  :屋外など自然の光の中でそのままの状態で背景がボケる  

《スタジオ照明》:被写体の顔が明るく照らし出されるスッキリした見栄え

《輪郭強調照明》:ハイライト部分とローライト部分によるドラマチックな陰影

《ステージ照明》:漆黒の背景に対して、被写体の顔がスポットライトで照らされる

《ステージ照明/モノクロ》:ステージ照明と同様だが、古典的なモノクロ表示 

 

 

 

 

 

2つカメラ(デュアルカメラ)が付いているiPhoneのみの機能とのことですが、

セルフィーなどを好む人にとっては嬉しい機能だと思います。

そして、

インカメラについては、7M(700万画素)と変更はありませんでしたが、

同じくポートレートモードでの撮影が可能となっています。

スポンサーリンク

ビデオ性能について

 

新しく設計し直されたビデオエンコーダによって

60fpsの4K動画を撮影することができるようになりました。

更に滑らかな質の良い動画が撮れるということになります。

また、

iPhone 7では120fpsだったスローモーションも、

フルHD(1080p)で240fpsを可能にしました。

 

あれ、頭の上に「?」マークが出ていませんか?

たとえば、

「30fps」は1秒間に30フレームということです。

(30枚のパラパラ漫画を想像してみてくださいね)

1秒間を、30枚で作るパラパラ漫画より

1秒間を、240枚で作るパラパラ感がの方が滑らかになりますよね!!

 

ざっくり言うとそういうことなんです。

 

そして、僕が気になっているのが写真では長時間露光エフェクトで

スローシャッターを使った撮影に対応しているというところ。

LEDフラッシュがスローシンクロに対応したため、

より自然に光を当てられるようになった。とあります。

どんな風になるのか早く試してみたいです!!

 

まとめ

7よりイメージセンサーはさらに進化しましたが、

ポートレートライティングに関しては、

8はなし、8 Plusはメインカメラのみ、Xはフロントカメラでも可となっています。

Xは望遠での手ブレ補正にも対応していますから、

撮影に関しては、すべての面でiPhone Xがワンランク上ということですね!

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です