光の魔術師!イルコ・アレクサンダロフの魅力とは?機材は何?

 

突然ですけど、

ブルガリアっていう国の名前は聞いたことありますよね。

僕はヨーグルトで有名な国というイメージがあります。

 

 

 

どんな国旗か知ってました??

ハイこれです。

僕はブルガリアがどこにあるのかも

どんな国旗なのかも知りませんでした…

 

ということで、

今回はフォトグラファー

Ilko Allexandroffさんについてのお話です!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

Ilko Allexandroffさんについて

 

Ilko Allexandroff(イルコ・アレクサンダロフ)さんは

ブルガリア出身のフォトグラファーさんで現在は、日本の神戸にいらっしゃいます。

 

もともと写真、アートに全く興味がなく

遊びで大学の時に一眼レフを買ってからカメラの旅が始まったといいます。

 

私の撮影の基本は、

クリエイティブなライティングで撮影することです!

ファッション・ポートレート写真を中心にしてますと仰られています。

 

タイトルに「光の魔術師」とあるように、

ストロボを巧みに使い作り上げる作品は他のフォトグラファーさんの作品と一味違い

どの写真も、

とても幻想的であり、

そして美しく吸い込まれるような感覚を味わえます。

 

暗い時に明るくするためだけの道具ではなく

重要な表現として使われているということがわかります!

 

 

ちなみに、お名前について質問してみたところ

アレクサンドロフ、アレクサンダロフどちらでも正解!

でも、アレクサンドロフのほうがいいな〜と仰ってました!

 

 

Ilko Allexandroffさんの作品

 

出典:www.ilkoallexandroff.com

 

 

スポンサーリンク

 

 

使っている機材について

 

Ilko Allexandroffさんの使っている機材を調べてみました!

これが全部ではないだろうけど

使用しているもの、紹介されているものをまとめています。

 

 

カメラ本体

メインで使用されていたカメラ1DX。

現在ではメインがSony A7Riiiになっていて、そのサブ機としてこちらの1DXを使用されるようです。

 

キャノンのカメラでできなかったことや、今まで工夫しながらやっていたことが

簡単にできる!!とイルコさんが言い切ったSony A7Riii。

これから更なる表現をみせてくれそうな予感が漂うコンピューターのようなカメラです!

 

 

 

レンズ

よく撮影に使われているメインとなるレンズ

誰もポートレートを135mmで撮影していなかった時に使い出したのがきっかけで

今ではメインの焦点距離。Canon 単焦点望遠レンズ EF135mm F2L USM

 

 

解放時の周辺減光が上のCanonの135mmと比べて大きく落ちる。

メインの被写体(モデル)を一番明るく撮影したい為、イルコさんのお気に入りのレンズだね!!

 

 

写りはとてもきれいなレンズだけど、

暗くなってきたらピント合わせが遅くなってしまうのが難点だとか。

Canon 単焦点レンズ EF85mm

 

 

 

 

12mmの解放でしか使わないと言っているSIGMAの広角レンズ

 

 

メイン機である1DXのボディキャップとして利用しているパンケーキレンズ(笑)

写りも結構良く、買いな一本とのこと!!

 

 

紅葉の時期にだけ使うグルグルなボケが綺麗なレンズ

 

 

三脚

星空ポートレートや、YouTube動画の撮影にも三脚をよく使用しています。

使用しているのはK&F Concept の軽量三脚。コンパクトに折りたためるところが気に入っているそうです!

 

 

スピードライト

愛用されているワイヤレスフラッシュのひとつ

 

 

 

 

MG8000がもう発売されておらず、次の後継機ストロボとなるi60A

MG8000のパワー(ガイドナンバー60)はそのままで、とても小さくそして軽くなった。

 

 

 

ソフトボックス・アンブレラ

こちらもメインで使用されているCactusのソフトボックス

 

 

被写体をアップで撮影する際に、

被写体の目の中に丸いきれいなキャッチライトを作る時に使用している。

 

 

ビューティー系の撮影だったり、モデルさんのアップ写真を撮影する際には

優しい光で瞳の中にキャッチライトを作ることができるのがこれ。

使用時はストロボの光量が4段ほど下がるので、屋外での使用では夜景ポートレートが多いとのこと。

ストロボの照射角度は85mmが一番きれいに安定した光が全体に回る。

 

 

ソフトボックスではないけれど

被写体のエッジを柔らかい光で上から下まで照射した時に使用している

RoundFlash ストリップライト

 

初心者ならソフトボックスを使う前に

まずはじめにアンブレラをオススメすると言っています。

使ってみて、メリット、デメリットを実感してからソフトボックスを使うと勉強になるようです。

 

 

 

 

ラジオスレーブ

撮影時に1DX本体によくセットされてあるラジオスレーブ
Cactus V6II

 

 

カラーフィルター

イルコさんの財布の中にいつも入ってるカラーフィルター

 

 

スタンド

階段などの不安定な場所でも水平を保つことができてイルコさんが絶賛するのがこのスタンド。

ぼくもイルコさんに実際触らせて頂きましたが、ホントに軽くてコンパクトにたためます!

カーボン製なので、軽くても丈夫です!!

 

 

 

カメラストラップ

イルコさんがストラップを使用されているところはあまり見かけませんが、

実際に使ったことのあるストラップを紹介されています。

 

ベルトもダブルロックがあり安心そしてカッコイイと。

スパイダープロ・カメラシステム

 

 

カメラへの脱着や長さ調整がラク!素材も軽いらしい。

FULLCLIP カメラ用ストラップ

 

 

三脚穴にネジ止めするタイプ。移動時にとてもラクらしい。

BLACKRAPID

 

 

ベルトに取り付けるホルダータイプ

Fomito

 

バッテリー関係

 

ビデオ撮影で使用しているバッテリー

 

ストロボ用に使うバッテリー

 

NP-F330 NP-F530 NP-F550 NP-F570

互換 カメラ バッテリー

 

 

NP-F730 NP-F750 NP-F770

互換 カメラ バッテリー

 

 

ソニーNP-F960/F970対応バッテリー

 

 

ビデオライト/ LEDライト

動画撮影で使用されている

Aputure Light Storm COB 120D

www.kenko-pi.co.jp

 

イルコさんがYouTubeで紹介して絶賛していたLEDライト。

小さいのにパワーが強い、磁石でくっ付けることも可能な優秀なアイテム。

 

 

 

なぜCanonのカメラを使っているのか?

 

なぜずっとCanonのカメラを使っているのかと理由については

Canonのカメラで写真を撮り始めたので、今もCanonを使っていますと…。

意外と単純だったんですね^^

 

そしてカメラを始めた時に、

なぜCanonを選んだのか、という理由には、

ストロボ、レンズ、カメラなど一番選択肢が多かったからと答えています。

 

でも、実際撮ってみると、

何百本レンズがあっても自分が使うカメラやレンズは決まっているから

別に色々選択肢はなくても良かった。

露出の三角形、「シャッタースピード」「絞り」「ISO感度」

がうまく理解できたらどんなカメラでも撮れます。

 

自分のイメージする作品のイメージが作れるなら

正直どんなカメラでもいいと思いますと、仰られています。

 

初心者にもおススメ!ポートレート撮影ならコレ!

 

↑新品は高いけど、中古のところを見てみると6万数千円であります!!!!中古なら買えそう。。

 

markⅢ、markⅣもでているけど、

新しいモデルを使う方が良い作品を撮ることができるのかというと…。。

多少傷があっても、

しっかりとした作品が作れるかどうかということの方が私は大事です。

ボディにキズがあっても作品にキズがつくわけではないしね!(by イルコさん)

 

 

ポートレートを撮影する場合は、単焦点レンズがおすすめ。

 

被写体にきれいにピントがあってきれいに背景がぼけます。

 

ポートレートを始めるならこのコンビでいいと思います。

私もこれで撮り始めましたが、今でもこれらを使って撮る時もあります!

新品のカメラレンズを買うくらいのお金を使うなら、

ストロボ、アクセサリー、レンズなど色々必要なものを購入できます。(by イルコさん)

 

 

イルコさんの撮影テクニックが公開されている書籍について

 

YouTubeの動画などではまだあまり紹介されていない

RAW現像の方法などを書籍で解説してくれていたりします。

 

書籍についてまとめてみましたので

ご興味がありましたらチェックしてみてくださいね!!

 

光の魔術師!!写真家イルコのポトレ撮影テクニック(書籍)

 

 

 

まとめ

 

ポートレート撮影の方法に限らず

自販機を見たら大きなソフトボックスだと思えとか、

逆光はポートレートでは友達だとか、

イルコさんの話の中では、光に関する話がとても多くでてきます。

 

日中の自然光を使って撮影をするときや、

ストロボを使って撮影するときの

光について勉強をする際にはイルコさんの説明がとても参考になります!!

 

夜間の撮影や、

ストロボを使って撮影することが苦手と思ってる方は

ぜひ一度、イルコさんのYouTubeチャンネルを見てみてくださいね!!

 

 

 

Ilko Allexandroffさんのリンク

 

ホームページ:www.ilkoallexandroff.com

 YouTube :www.youtube.com/user/ilkophoto/featured

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です