英語が苦手な方でも使えるFlickr!上手に使う方法!

Instagram FacebookTwitterなど

色々な方法で撮った写真を共有する事ができますが、

Flickrを使われている方はいらっしゃるでしょうか?

 

Flickrは

アメリカのYahoo!が運営しているサービスの一つで、

基本的には無料で利用することができます。

 

アップロードできる容量が1TBと大容量で、

写真にタグをつけたり、アルバムを作成したりすることも

可能で、管理機能もとても充実しています!

 

ただ、全て英語であるという事もあり、

なかなか上手に使えていない方もいらっしゃるようです。

 

今回は、そんなFlickrについてみていきましょう!!

 

スポンサーリンク

 

Flickrのアカウントの登録方法

 

Flickrを使う前に、まだアカウントを持っていないという方は

先に作成を済ませましょう!方法もとても簡単です。

https://www.flickr.com/

 

まずは「Sign Up」から進みましょう!

 

 

アドレスは使われているものでOK!

パスワードについては、英・数・記号の3種類

・7文字で設定するには英・数・記号を組み合わせる必要有り

・英/数など2種類だけの場合は最低8文字以上

・1種類だけの場合は最低9文字が必要

・パスワードに自分の名前(含む)は使えない

入力が終わったら「Continue」をクリック。

 

 

Send me an Account Key」をクリックします。

メールにて認証番号が送られてきます。

 

 

このようなメールを受信したら

認証番号を確認しましょう!

 

次に、フリッカーアカウント登録画面で表示されている

入力欄に認証番号を入力して「Continue」をクリックします。

 

なお日本のiTunesなどでは、Flickrのアプリケーションを

ダウンロードすることは出来ません。

 

同じように、

https://www.flickr.com/

からアクセスしてアカウントを作ったりサインイン、

またカメラロールの写真をアップロードすることは可能です。

ただスマホからは少々やりづらいかもしれません。

できれば、パソコンから操作される方がいいかもしれませんね!

 

 

アカウント作成後の設定項目について

画面右上のアイコンをクリックしたら、表示される枠の中の

Setting」をクリックしましょう!

クリックすると、下のような画面が表示されます。

 

Personal Information
個人情報(プロフィール)の設定項目。


② Privacy & Permissions
写真のアクセス制限についての設定項目。


③ Emails & Notifications
通知のEメールについての設定項目。


④ Sharing & Extending
写真共有についての設定項目。

 

 

いやいや、もうわからないよ…

って思った方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

細かい設定を行おうと思った際に、

もしかしたら英語の壁にぶち当たって嫌になるかもしれません。

 

もういいよ…となってしまう前に

良い方法を先にお伝えしておきます。

 

その有効な方法のひとつが

ブラウザ:Google Chrome から

Flickrを開いてみてください。

 

Google Chrome(グーグルクローム)

のダウンロードから始める方は、

こちらからどうぞ!!

Google Chromeダウンロード

 

 

スポンサーリンク

 

 

Chromeであれば、機能の一つとして、

サイト内もある程度であれば翻訳してくれる機能があります!

 

Flickr使ってみたかったけど、

英語がどうしてもわからない…という方は試してみてくださいね。

 

写真のアップロード方法

 

画面上部の右上にある

雲と矢印のマークから写真をアップロードすることができます。

 

 

画面中央の「Choose photos and videos to upload」から

指定の写真ファイルを選択することもできますし、

そのまま画面上に写真ファイルをドラッグすることも可能です。

 

ぼくも試しにアップロードしてみました。

細かい設定などはまだ変更していませんが、

アカウントを作成し、写真データをアップロードするくらいまでなら、

一度覚えてしまえば、簡単に行う事ができました

詳細設定などは、翻訳があった方がやりやすいかもしれませんね。

 

 

Flickrを使うメリットとは?

 

写真ファイルは1枚につき200MBまで対応している

 対応しているフォーマットについても

 「JPEG」「PNG」「GIF」となっています。

 

 

ビデオファイルは1つにつき1GBまで対応している

 「AVI」「WMV」「MOV」「MPEG」

 「3gp」「M2TS」「OGG」「OGV」となっています。

 

 

カメラ名や写真の詳細(F値・ISO情報)も自動で表示される

 どんなカメラで撮ったのか、どのような設定で撮影したのかを

 知ることができれば、

 同じような写真に挑戦するときに目安にもできるかもしれません。

 

 

デメリットであると感じるところは?

 

設定も細かく決めることができ、

アップロードできる容量が多いのは

Flickrの魅力的なところだと思います。

ただ、全て英語表示なので、

慣れるまでは少し時間がかかるところかもしれません。

また、

アメリカなどのiTunesアカウントを持っていれば

スマホのアプリもダウンロードすることができますが、

日本のアカウントからは購入できないところがあげられると思います。

 

 

まとめ

海外では超有名な写真共有サイトであるFlickr

写真好きには、是非とも使えるようになりたいところです。

 

もし、使う上で英語でつまづくのであれば、

ブラウザの「Chrome」で開いてみましょう!

ぼくも実際に、Chromeでサイト内の翻訳機能を使うと

だいぶストレス削減されることに気がつきました。

 

また、Flickrユーザによる

日本語のディスカッションボードもあり

いろいろな質問や、その回答などもありましたので

お手上げ状態にはならないと思います。

https://www.flickr.com/groups/51035577168@N01/

 

これで英語が苦手な方にもうまく使っていけると思います!

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です