コスプレ撮影でカメラマンとしての大反省したこと

 

 

 

こんにちは。ミヤタケヨシノブです。

ご覧くださりありがとうございます。

 

このYouTubeでは、ぼくがポートレート撮影をしてきたなかで

「挑戦したこと」「失敗したこと」「その失敗に対して工夫したこと」などを

シェアしていきます。今後とも宜しくお願いします!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

この動画の対象者について

 

皆さんはコスプレの撮影はされたりするんでしょうか?

ぼくはポートレート撮影を繰り返していくうちに、

コスプレイヤーさんと知り合う機会も増えていって

カメラマンとしてイベントに呼んでもらえる機会も増えていきました。

 

そして、あるコスプレの撮影で、

これはカメラマンとして失格だな…と大反省したことがあります。

 

今回はぼくがコスプレの撮影で気づかされた、

カメラマンとして、これは大切なことだなと感じた話しをシェアしてみようと思います。

 

 

■この動画の対象者について■

・これからポートレート撮影や

 コスプレ撮影にも挑戦したいと思ってる方は参考にしてみてください!

 

 

 

コスプレ撮影でカメラマンとして大反省したこと

 

ぼくはポートレートの写真を撮るようになってから

コスプレイヤーさんとも知り合う機会や

イベントなどで撮影の依頼を受けることも増えていきました。

コスプレ自体にそこまで興味がある方ではなかったんですけど

撮影は楽しいので、依頼して下さる方がいたら挑戦するようにしてたんですね。

 

インターネットで

キャラクターの名前_(スペース)_コスプレで検索する

他のレイヤーさんが撮影したキャラクターの画像はいくつも出てきますし

そのキャラクターについて知らなくてもサンプルはいくらでも見つかるの

撮影前は、そういう画像を参考にしていました。

 

撮影した写真は

それなりに喜んでもらえたりもしていましたし

こんな感じで撮ればいいのかな…くらいで、深く考えることもなかったんですけど

ある日、カメラマンとして、これでは全然アカン!!と思わされる出来事があったんです。

 

まず、きっかけとなった写真がこれです。

 

 

アニメのFate/Grand Orderの「ジャック・ザ・リッパー」という

キャラクターのコスプレイヤーさんを撮影した時の写真です。

 

 
後日、友人にこの写真を見せたんですが

「かっこ良く撮れてるね」

「霧が深い夜に現れるっていう設定も上手くできてるやん!」

「スモークわざわざ用意したの??」

と、こう言われたんですよ。

 

でもこの時は、僕は全然言っている意味が分かってなかったんですね。

 

 

どういうことかというと、

まずこれは、泊りがけで行われたイベントに参加したとき撮影させて頂いた写真なんですが、

イベント1日目の夜に、カメラマンさんもレイヤーさんも集まって

バーベキューをしたんですが、その横で撮影したものなんです。

 

 

この背後のスモークは

ぼくが演出したものでも狙ったものではなくて、ただのバーベキューの煙です。

バーベキューの煙が、

このジャックザリッパーのキャラの演出にたまたま合っていただけということです!!

 

知人に言われた一言から

自分は何も知らずにこの写真を撮影していたということや、

カメラマンとしての準備や、被写体に対して理解しようとする気持ちも

今回に限らず全然足りてなかったんだろうな、ということに気が付きました。

 

 

ネットで、他のレイヤーさんのサンプル写真を見る以外に、

他に何か準備したのか?と言われると0何もしていませんでしたからね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

サンプル写真をみて学ぶことも大事ですが、

コスプレなら実際にそのアニメを観たり、漫画を読んでみたり

そのキャラクターの性格や特徴をリサーチするということも出来たはずです。

 

キャラクターやアニメの情報をしっかり調べて内容もわかると、

レイヤーさんが表現したいことに対して、それをただ撮るだけではなくて

こちらからも提案することも出来るようになるはずです。

そうすると、とても充実した撮影になると思うし、

撮れる写真も更に良くなるのではないでしょうか。

 

 

今回のこの写真も、

バーベキューの煙が、ジャックザリッパーのキャラクターにうまく使えるんじゃないか…?

と気が付けて、それを狙って撮れたものなのなら

カメラマンとして100点だったんじゃないかなと思いますが、

そもそも、キャラクターについて何も知らなければ、狙ってできる事などないですよね。

 

 

これが、コスプレ撮影の中で、

ぼくがカメラマンとして大反省した出来事の話しです。

これは、コスプレに限ったことではなくて

どんな撮影にでも言えることだと今ではそう思います。

 

 

 

例えば、結婚式の撮影だって

なにをどう撮るのか、

次に何が起きるのか、タイムテーブルを見ながらでも

進行が把握、理解できてないと、居るべき場所に着けてないということになります。

 

カメラの設定とか、光の使い方とか構図とかね、

知識、技術的に色々大切なことも沢山ありますが、

シャッターを切る以前に

撮るもの、それの特徴とか、または性格とか、背景にあるストーリーであったりとか、

そういった部分を把握したり理解するということが

とても大切なことなんだと痛感しました。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。


今回はぼくがコスプレの撮影で大反省したこと、

カメラマンとしてこれは大切なことだなと感じた話しをシェアしてみました。

 

 

イベントに参加した時に、宿舎で

レイヤーさんが徹夜しながら一生懸命に衣装を作ったり直したりする姿もみましたし

ぼくもこれか撮影を引き受けるからには、もっと全力で向き合おうと思っています。

・これからポートレート撮影や

 コスプレ撮影にも挑戦したいと思ってる方は

 ぼく個人が感じたことではありますが、何か得る物があれば参考にしてみてください!

 

では今回はこれで終わりです。

最後までご覧くださりありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください