鮮やかな写真を撮影する方法!?加工ソフトを持ってない方にもオススメ!

 

普段通らない道で素敵な場所を見つけたんです!!

 

 そ こ は 廃 団 地!!

 

誰もいないとても静かな場所でときどき風の音だけが鳴っていました…

 

さて、今回は普段ストロボを使うとき以外では使用しない

 

を使って撮影してみました。

 

廃団地には立ち入り禁止の棟が多かったので、ちゃんとルールは守り外からの撮影です。

 

 

あ、そうそう!余談ですが

もし廃墟好きの方がいらしゃいましたら菊咲一花さんの動画はすごく面白いと思いますよ!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

撮った写真はいつもイマイチ?

 

撮った写真がなんだか思ってたイメージと違うんだけど…

撮ったんだけど、なんだかぱっとしないな…

って感じた事がある方は多いと思うんですよ。

 

僕もずっとそう思ってトライ&エラーを繰り返しています。。

 

原因は、色々あると思うんだけどね(シャレのつもりではないよ)

その一つに「色味」がもっとあればな…て感じる事ってありませんか?

 

そんなの後でフォトショで加工したらええやん!!

 

って言われるかもしれませんけど…

 

加工じゃなくて、あくまでもカメラで撮った写真に拘りたい!!

もしそんな方がいらっしゃったら…

その気持ちは僕にもわかるんです。

 

現像の練習もするようになりましたけど、

あくまでもカメラで撮ったままの写真に拘りたいのです。

 

そんな風に感じている方がもしいらっしゃいましたら

カラーフィルターを使ってみるのはとてもいいかもしれませんよ。

 

あと、カメラ持ってるし写真を撮るのは好きだけど、

加工ソフトとかは持ってないな…

という方にもオススメかもしれません。

 

今回ぼくも挑戦してみたんですけど、

撮りたいと思った写真のイメージに近づける事ができましたし、

なにより撮影していて結構楽しかったです!!

 

 

 

カラーフィルターで出来ること

カラーフィルターで出来ること…

 

それは色を変えること!!

 

お前な…ナメてんのか!!って思われた方すみません。。

 

今回実際にカラーフィルター使ってみて思った事があるんですよ。

 

色を変えるんじゃなくて色を足すって考えたら

思ったイメージに写真を近づけることが出来そうだなって。

 

 

 

《作例》

分かりやすくちょっと大げさにカラーフィルターを使って空を撮ってみました。

 

レンズの前にカラーフィルターをだして空の部分だけに被るようにして撮ってます。

 

 

《撮影方法》

もともとこの日は曇りだったので普通に写真を撮ると白い空になってました。

 

ありえない空の色にするのも面白いですけど、作例の写真のように

青でいてほしかった空をカラーフィルターで青くすると自然ぽく見えませんか!?

 

 

ちなみに肌色っぽいフィルターで

レンズ全体を覆って撮影すると、セピア写真みたいになって面白いですよ!

 

 

 

《実践》

うまくきれいにフィルター使えたなって思うものをあげてみます。

好き嫌いの好みはあるかもしれませんが、

肌色っぽいフィルターと水色のフィルターの2枚をレンズの前に置いて撮影してみました。

レンズの真ん中(少し左寄り)以外フィルターで覆っています。

 

 

空の部分だけ多少青くなるようにフィルターを被せてみました。

紅葉があったので、前ボケに使うと朽ちた団地の公園もこのようになりました。

 

少しフィルターを通して撮影するだけでも

色味が増えて印象がだいぶ変わってきますよね!

 

 

ストロボ用カラーフィルター以外で使えそうなもの

 

ぼくが今回使ったフィルターはストロボ用の物を使いましたが、

正直なんでもいいと思います。

 

100均に行けばカラーセロハンとかもあるでしょうし

ラムネの包みだって、立派なカラーフィルターになります!!

 

探してみるといくつかカラーフィルターもあるようです。

 

今回ぼくが使ったのがこのストロボ用のカラーフィルターですが、

両サイドにある細い部分が微調整の際にとても使いやすかったです。

ストロボ用のフィルターとしても安い方なので、

ポートレート撮影でホワイトバランスを変えられる方にもオススメです!!

 

 

これは100均でも見かけるやつですね!!

安いしフィルムが折れたり透過が悪くなってきも使い捨て感覚で使えると思います!!

 

 

52mm版

 

58mm版

 

半分透明でもう半分に色が入っているフィルターですね。

レンズに固定するタイプなので、右手にカメラ、左手にフィルターと

煩わしい心配がないのでこういうタイプがあると楽に撮影もできますね!!

購入前の注意点としては、レンズの口径サイズを確認しておきましょう!!

 

もし自分の使っているレンズの口径サイズがわからない…

という方は、レンズの蓋の裏を見てみてください。簡単に確認できますよ!

スポンサーリンク

 

ちなみにプロのカメラマンがフィルターを使った作例もありました。

やっぱうまいっすね!!(笑)写真もかっこいいですわ!!

 

作例:1

作例:2

作例:3

作例:4

作例:5

 

 

 

もし、スマホでカラーフィルターを使うならこういった物を使う方がいいかも。

 

スマホの小さなレンズにフィルターを微妙に動かしながら撮影していると…

動かしにくくて楽しむどころか、だんだん腹が立ってきました(笑)

 

 

 

まとめ

写真の加工などで鮮やかにすることは簡単にできますけど、

カメラで撮る時の工夫の一つとしてカラーフィルターを使うのもいいかもしれませんね!!

撮影している時もとても楽しかったです。

 

この方法なら写真加工ソフトを持ってない方でも簡単にできます。

スマホでもたくさん面白い写真が撮れるアプリもありますが、

アナログな手法で写真の色を操りながら撮るのもなかなか面白いかもしれませんよ!!^^

 

楽しそう!!と思われた方はぜひ挑戦してみてくださいね!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です