SIGMA 16mm F1.4 DC DN Contemporaryの魅力とは!!対応機種は??

出典:www.sigma-global.com

 

シグマから16mm F1.4 という

超広角単焦点レンズが発表されて

 

いよいよ販売日が近づいてきました。

 

今回はこの

16mm F1.4 DC DN Contemporary

がどんなレンズなのか見ていきましょう!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

16mm F1.4 DC DN Contemporaryの発表

 

以前から評価も人気も高いSIGMAが

10月24日に

「16mm F1.4 DC DN | Contemporary」の開発を発表をしましたね。

 

そして発売日が

2017年11月22日 (水)と決まりました!

 

 

どんなレンズなのか?

出典:www.sigma-global.com

 

APS-Cセンサーの場合は24mm相当で、

フォーサーズセンサーの場合は32mm相当の焦点距離になる。と、

公式ホームページでは記されています。

 

レンズ自体の作りとしては、

 

FLDガラス3枚… SLDガラス2枚

グラスモールド非球面レンズ2枚

13群16枚構成

出典:www.sigma-global.com

 

ん〜勉強不足で、なんだか良くわからないけど

とにかく凄いってことはわかった!

 

 

ざっくりこのレンズの凄さを要約すると

 

非球面レンズに発生しやすかった

渦巻き状の輪線ボケが起こりにくくなってるよ!

画面全体がクリアな描写で、

尚且つ、高い解像力を実現できたよ!

 

光を緩やかに曲げることが出来る様になったし、

周辺光量を多く取り入れる様になってるから、

画面の端でも円形の綺麗なボケが表現できるよ!!

ってことね。

 

良いレンズじゃんっ!!

 

 

 

このレンズが利用できるカメラは?

出典:www.sigma-global.com

 

「16mm F1.4 DC DN | Contemporary」

 

このレンズは

APS-Cサイズのセンサーに対応しているミラーレス一眼用の交換レンズです。

 

DC DNということは、

APS-C以下のミラーレス一眼カメラ用ですね。

 

今回このレンズで発表されているのは、

ソニーEマウントと、マイクロフォーサーズ

 

 

ソニーαユーザーで評判も良い

α5000/6000シリーズ、NEXシリーズ
(APS-Cセンサー搭載のミラーレス機)

を使ってる方はきっと多いと思います。

 

その中でも

夜景撮りたい!!星系写真撮りたい!!

 

っていう方には、

今回のシグマからのこの発表は

とても嬉しいことなんじゃないかなと思います。

 

 

 

 

 

 

どんなメリットがあるのか?

出典:www.sigma-global.com

 

 

この「16mm F1.4 DC DN | Contemporary」は

文字通りF1.4と、

とても明るいレンズになっています。

 

ということは!!!

 

夜景撮影、星空撮影などの撮影にも

期待ができるということです!

 

 

全解放F1.4で使わないにしろ、

F1.8、F2.8で少し絞って使うにしろ

ISO感度を下げることが出来るようになります。

ISO感度を下げることが出来れば、画質をもっと良くすることが可能になります。

 

 

あれ??

おまえ、つい先日に

夜景撮影にいいよ!!って

SAMYANGの

14mm広角レンズ買って

めちゃ明るいゆーてたやん!!

 

 

 

 

 

と、もうひとりのボクがゆーてますけれど、

これはこれで確かにいいんです!

安いし、14mmって結構広いし。

 

その点も合わせて比べて考えてみると

SAMYANGの広角レンズの場合は、確かに安いし明るかった。

完全にマニュアルフォーカスしかないけど

夜景や星空撮影する分にはとっても良いと思います。

星撮る時に、

オートフォーカス使う人なんていないでしょうからね。

 

ただ、

普段使いも合わせて考えてみたときに

オートフォーカス(AF)機能あった方が

やっぱり良いんじゃなかな…って。

 

そういう機能面も合わせて考えたときに

今回の

「16mm F1.4 DC DN | Contemporary」は

値段的にもそこまで高くないし、機能的にもオートフォーカスが使える分、

使用範囲も広がってくると思うんです。

 

 

どんな写真が撮れるのか?

 

 

出典:www.sigma-global.com

出典:www.sigma-global.com

スポンサーリンク

  

出典:www.sigma-global.com

 

広角ポートレートでもしっかり使えそうな感じですし、

暗闇での撮影でもシャープな写りになっています。

色の表現もとても綺麗だと思います!

 

 

いつごろ買うと良いかの予測

 

発表の金額は

メーカー小売価格が57,000円

となっています。

 

もちろん

発売されたらすぐ欲しい!!

 

という方は、

発売日の11月22日

購入すれば良いと思います!!(笑)

 

SIGMAのレンズも

発表から2、3ヶ月を過ぎた辺りから

少しづつ値段が下がってくる傾向が見られます。

 

現在は、4万数千円前後の

値段をつけているところが多くありますが、

来年の2月、もしくは3月くらいになってくると、

4万円切るような販売店も出てくるのではないかな…と考えています。

 

うまくいけば、

中古(新古?)で手に入れることができると

さらに安く購入できると予測しています。

 

 

まとめ

値段もそこまで高くなく、

α5000/6000シリーズ、NEXシリーズ、

マイクロフォーサーズを使ってる方で夜景撮りたい!!星系写真撮りたい!!

っていう方には、

今回のシグマから発表された

「16mm F1.4 DC DN | Contemporary」は買っていいレンズだと思いました!

 

 

 

12/5 追記:購入して使用された方の評判

 

実際に購入して使用された方の評価も増えてきたので、

書かれてあった多い意見をまとめてみました。

 

良かった点で多く書かれていたこと

 

・フォーカスリングが太くて回しやすい。
・とにかくシャープに撮影できる。
・F4まで絞ると、画面全体の解像度もとてもよい。
・解像度の高いレンズのわりには、ボケ味もかなり良い。
・フードもカチッとハマる。

 

良くなかった点で多く書かれていること

 

・やや大きくて重たい。
・暗い場所でのオートフォーカスのスピードはかなり落ちる。

 

使用例の写真

 

カメラにセットした時の状態:1

カメラにセットした時の状態:2

 

撮影写真の作例:1

撮影写真の作例:2

撮影写真の作例:3

撮影写真の作例:4

 

まだまだ意見や感想は増えていきそうですが、

総合評価としては、やはり評判は良さそうなレンズですね!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です