SIGMAの135mm F1.8 DGレンズ!ゆるふわ美人ユリカメラ先生のポートレート撮影!

 

皆さんは予定がなく丸一日お休みの日ってどうやって過ごしてますか?

映画見た入りどこかに出かけたりしてるのかな。

 

今日がぼくのそういう日だったんだけど

朝からいろんな方の写真やInstagram、スライドショーとか見てて

はっ!!と気づくと夕方になってました。

写真を見る以外何もせず今日という一日が終わりました…

 

さてさて今回は

ポートレート撮影に威力を発揮する人気のSIGMAの135mmレンズですが

ユリカメラ先生がこのレンズを使ってポートレート撮影をされているので

とりあげてみました!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

SIGMAの135mm単焦点レンズの評判は!?

出典:www.sigma-global.com

 

 

2017年に発売されたSIGMA製の望遠系単焦点レンズ135mm。

このレンズを使用された方のレヴューなんか見てると

 

ボケ感がパネェ!!

 

キレキレの描写性がスゲェ!!

 

明るさヤベェ!!

 

とみんな3拍子で口を揃えてこうゆーとる。

なんだよ…同じことばっかりゆーやん。

他にもっと気の利いたこと言えねぇのかよ!!

と思いながら

ぼくも触れる機会があったので、実際に試撮させてもらいやした!!

 

じゃ、おまえの感想はどうなんだよ!?と言われると、

 

ボケ感がハンパネェ!!

以下同文。。

 

 

とまぁ冗談はさておき、このSIGMA135mmは望遠系の単焦点レンズで

ポートレート撮影では大きなボケの中にモデルさんをきれいに浮かび上がらせる

ことができるレンズだと思うし、

暗い夜景ポートレート撮影の時なんかでもピント合わせがすごく早い

何よりモデルさんを明るく撮ることができる!!

 

誰が使っても文句の言いようがないレンズだと思った。

 

欠点とまでは思わないけど

SIGMA 135mmのこのレンズは1130gでけっこう重いのね。

ぼくは普段SIGMAの85mmを使ってるんだけど、両方とも同じ重さなんだよ。

長時間重いカメラを持って撮影を続ける時や

暗い場所での撮影とかシャッタースピードを低速にする際には

カメラの持ち方、構え方に工夫が必要かなって思うよ。

 

 

 

 

ユリカメラ先生のポートレート撮影!カメラの構え方にも注目!

 

グルメや風景、ある時は鉄道や可愛い動物とか幅広く撮影されていて

初心者にとってもわかりやすい言葉で解説をしてくれる

YouTubeチャンネル「カメラの学校」のゆるふわ美人ユリカメラ先生!!

 

「カメラの学校」「ユリカメラ先生」についてはコチラをどうぞ!

人気カメラ女子!ユリカメラ先生の講座「カメラの学校」は初心者にとてもオススメ!

 

 

 

ポートレート写真を取る上で大事な事【テクニック】アキバ編9話

 

 

 

ユリカメラ先生がこのSIGMA 135mmを使って

ポートレート撮影をされているんだけどやっぱり文句無しに写真がきれいやね!!

 

動画の中で撮影されてる時のカメラの設定もシャタースピードは1/125になってて、

135mmレンズを使う場合の手ブレしない限界と言われてる一番遅い速さくらいかな?

(1/焦点距離)で撮影されていると思うんだけど、

構え方がユリカメラ先生の場合は「肩置き」になってるよね!!

 

「肩置き」はユリカメラ先生の特徴やね!!

他の動画の中でもたびたびユリカメラ先生の肩置きスタイルが見られるよ!!

 

 

出典:www.youtube.com

 

たぶん手ブレ防止の為に肩置きの構え方で撮ってるんだと思うけど

重いレンズだし特に女性だったらラクに安定させられる効果もあると思うよ!!

 

 

 

 

ポートレート撮影の注意点

動画の中でもユリカメラ先生が仰られていますが

撮影の前にまず「安心安全」がやっぱり第一です!!

 

それがぁ〜いちばんだいじ〜♫

(なんかこんな歌あったよね。)

 

自分がケガしても全然ダメだと思うけど、モデルさんに何かあったらもうほんと最悪!!

ぼくも撮影する時には充分に気をつけて臨みたいところやな。

もっと言うと、

撮影して良い場所やダメな所もあるから

しっかり確認して、もし分からなかったら必ず許可をとるってことやで!!

最高の写真撮るためでも不法侵入はワラエナイ。。。

 

 

 

ユリカメラ先生のアドバイス

 

・コミュニケーション能力を発揮しよう

 まずは撮影雰囲気をよくするために、

 コミュニケーションをとりながら撮影をする。

 声がけなどするなど撮られている人への気遣いが大切。

 

・背景に着目しよう

 なるべく抜け感のあるすっきりした場所をセレクトしよう。

 背景ぼかしたくても、被写体と背後の距離が近いとボケないので注意しよう。

 

・レンズは単焦点や望遠レンズがオススメ

 標準ズームの時は望遠側でセットして撮影しよう。

 

・気持ちオーバー気味で

 女性を撮る時はいつもよりは少し露出補正をプラスへ。

 肌の綺麗さ、透明感など美しい印象にするため。

 

 

ぼくはユリカメラ先生ほど

「いいですね〜」「すてきです!!」とは言ってないかもだけど

褒められて嫌な気になる人はいないもんね!!

もっとベタ誉めくらいでいいのかもしれないなって思った。

それにしても指示出ししながら流れるようなテンポの良い撮影は

さすがユリカメラ先生ですよね!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

焦点距離135mmレンズをメインとするカメラマンは!?

 

135mmの単焦点レンズの火付け役である!!言っても過言ではないカメラマンで

イルコ・アレクサンダロフさんがいるね。

 

イルコさんのYouTube動画も見てみると

135mmレンズでどんな写真が撮れるのかよくわかると思うよ!!

 

Ilko Allexandroff YouTubeチャンネル

なんで135mmを使うか?作例アップ!!

 

 

ちなみにこちらのイルコさんのカメラの構え方はこんな感じやね!!

肩置きのユリカメラ先生に対してイルコさんは腕に置いてます。

 

出典:www.youtube.com

 

望遠系単焦点レンズで手ブレしないカメラの構え方や

呼吸に合わせて撮影するタイミングなんかも説明されているので

一度見てみる価値ありです!!これみてぼくも腕置きの構え方がラクなことを知りました!!

 

 

まとめ

 

ユリカメラ先生の解説するカメラの学校動画はやっぱり分かりやすくていいっすね!!

一眼レフカメラを手にして右も左も分からないような時からずーっと観てるけど

ユリカメラ先生とヒロキメンとの掛け合いもすごく楽しいから飽きずに学べます。

本当に初心者にはありがたいですよ!

 

今回の動画の中で使われていたけど

きっとポートレート撮影をされている方だったら

SIGMAの135mm F1.8 DGレンズは興味あるだろうし、実際に使ったら欲しくなっちゃうやろね。

 

 

このレンズが気になった方はこちらから確認することができます!

キヤノン用、ニコン用、シグマ用の3つがあるよ。

 

 

みんなが口を揃えて言うように、あなたも一度使ってみたら思うはず…

ボケ感がパネェ!!キレキレの描写性がスゲェ!!明るさヤベェ!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です